2013
01.21

フリーランサー NY捜査線

Category: 映画
 1月15日(火)シネマート新宿にて映画「フリーランサー NY捜査線」を鑑賞。

                    13-01-16_001.jpg


 会員カードの期限切れが迫っていたので、バイト明け後ネットカフェで待機した後、映画館へ。

 火曜日は会員割引の日なので1000円でした。

 観客は10数人で、自由席だったのが嬉しいです。


 あらすじ: ニューヨーク市警(NYPD)に配属されたジョナス(カーティス・“50Cent”・ジャクソン)は、かつては札付きのワルだったが、殺された父親の跡を継ぐように警官になった。新人のジョナスは、父親の元相棒サルコーネ警部(ロバート・デ・ニーロ)に闇仕事を命じられ、信頼を勝ち取っていく。しかし、父親の死の真実を知ったジョナスはサルコーネとその仲間たちへのリベンジを誓う。


 デ・ニーロとウィッテカーが出演しているにも関わらず、単館的な扱いだったが、観終って納得!

 観ている間中、不快感が消えなかった。

 マトモな人間が殆ど出てこない。

 警官が何の躊躇いもなく一般人を打ち殺すなんて日常的なんですから・・

 主人公の”50Cent”は有名なラッパーらしいのですが、ラップが苦手(世代的なものかな)なので全く知りません。

 勿論、バックに流れる音楽はラップだったので、居心地悪さが付きまとう。

 ラストは、一件落着ふうな終わり方で、続編もあり?な感じだ。

 結局、見どころは、デ・ニーロとウィッテカーの演技くらいなものだ。

 悪役をきっと楽しんで演じているんだろうと思える。


 ”日本に生まれて良かった!”とツクヅク感じることができる映画だった。


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/737-1a0e7c39
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top