2012
11.29

北のカナリアたち

Category: 映画
 11月26日(月)TOHOシネマズにて映画「北のカナリアたち」を鑑賞。

12-11-29_002.jpg

 前売券1000円が格安で売っているのを金券ショップで見つけたので、これを利用し劇場へ。

 バイト明け平日朝一に入場すると、オバサマ達が10人程着席されている中、席に着いた。


 あらすじ: 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。それから20年後、東京の図書館で働いていた彼女は、教え子の一人が事件を起こしたことに疑問を抱き、かつての自分が受け持っていた生徒たちに会うため北海道へ向かう。恩師と再会した教え子たちは、それぞれに抱える複雑で苦しい胸中を明かす。


 原作は未読で、映画を観た後に読むかどうか考えようと思っていましたが、多分読まないと思います。
 
 20年間子供たちと先生が抱えてきた悩みを、再会した元生徒が打ち明けていくうち徐々に真実が見えてくる形でお話が進みます。

 そして

 ”何があっても生きていくことが大事”

 ということを、観客に訴えかけてきます。

 ラストはちょっとウルウルっときました(歳をとったせいだろう・・)。

 お話としては特に感動的でも無いんですが、吉永さんの美しさと景色と子供達の歌と大人になった元生徒たちの演技が良かったので、それを見てもらえれば良いかと。

 ただ重い暗い話なので、苦手な人も居るかと思われます。

 自分の場合は、あおいちゃんが観られれば取り合えずOKなもので、ハイ。

 
    満足度:★★★☆


 P.S.劇場を出てエレベーターに乗ると、同じ映画を観てきたオバサマ3人と一緒になり、話を聞いていたら、

   ”全く、何で暗い所で重ーい映画観なくちゃいけないのよー”

   ”ほんとよねー”(他の二人)

   ”家の旦那なんてあんなモンじゃなかったわよ、がはははぁ・・(笑)”

   と言って途中でエレベーターを降りて行きました。

   あんなモンというのは、殺されたDVオヤジの事のようです。

   にしても映画館は暗い事を知らなかったのかな?

   映画以上に不可解なお話でした、ハイ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/729-2e9437f0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top