2012
06.27

テルマエ・ロマエ

Category: 映画
 6月19日(火)TOHOシネマズシャンテにて、映画「テルマエ・ロマエ」を鑑賞。

 バイト明けに、ネットカフェで時間調節をして、朝一の上映時間5分前にチケット売り場に並ぶ。

 会場入りすると既に予告編が始まっていた。

 平日なのでミセスの方々が多かったようですが、まだまだ人気が衰えていない感じの入りだった。

 
 あらすじ: 古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。たどり着いた場所は、何と日本の銭湯。そこには「平たい顔族=日本人」がいて、彼は漫画家志望の真実(上戸彩)と出会う。ルシウスは日本の風呂の文化に感銘を受け、そこで浮かんだアイデアを古代ローマに持ち帰り一躍有名になっていくが……。


 原作漫画は未読(読むつもりも無いが)で、予告編のあまりのインパクトに笑ってしまい、観ようと決めていました。

 タイムスリップが何回もあるとは思っていなかったので、ここまでいくとやり過ぎの感がありますし、笑えなくなってしまいます。

 ”平たい顔族=日本人”とルシウスとの遣り取りが一番面白かったと思います。

 後半は、笑いが減って、歴史が変わってしまうのを食い止めるために四苦八苦しただけのようであまり楽しめないし、ルシウスと真実の関係も発展しないで期待外れな感じだった。

 元々、上戸彩が苦手な自分としては最後のおまけシーンだって特に嬉しくも無い。

 古代ローマにとっては、良いことばかりに思えたが、現代日本の状況に良い変化が見られなかったのは残念な気がした(旅館が温泉の効能によって再生するような方向に行けば彼らがタイムスリップした意味も更に感じられたんだけどなぁ・・)。

 ひょっとして続編を考慮しているのかな?


 鑑賞後、銭湯に行きたくなること請け合いです(そして”フルーツ牛乳”も・・)!
 
 
     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/710-d1268cbb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top