2012
06.04

ベルセルク 黄金時代篇 Ⅰ 、Ⅱ

Category: 映画
 6月2日(土)ワーナーブラザース試写室にて、試写会

 「ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵」
 「ベルセルク 黄金時代篇 Ⅱドルドレイ攻略」

 を鑑賞。

 とても有名で人気のある原作漫画(全世界3300万部の売上げ)とのことですが、自分は全く知りません。

 数年前、元バイト仲間に、”この漫画、すんげー面白いっすよ!”と言われたことがあったが、漫画を見ようともしませんでした。

 で、試写会に当たらないだろうと思いつつも、当ったらその元バイト仲間を誘って観に行くつもりでした。

 そしてまさかの当選だったので、早速ケイタイに連絡したら、

 ”現在使われておりません”のアナウンスが・・

 案の定、メールも未送信で帰ってきた。

 そういえば今年正月明けにメールしたきりだったなぁ。

 自分がケイタイを使えなくなった時のことを思うと他人事ではないけれど、このタイミングで連絡が取れなくなるとは残念で仕方ない。

 で、バイト明け後帰宅し横になるが眠れる訳もなく、シャワーを浴びて出かけた。

 上映開始20分前に入場すると、割に空席があったが、2列目の通路側に座り、貰ったチラシで情報を仕入れた。

 
 まずは「ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵」から。


 あらすじ: 戦乱の世界。長大な剣を自在に操る屈強な剣士ガッツは、傭兵(ようへい)集団「鷹の団」を率いるグリフィスと出会う。数々の激戦をくぐり抜けたガッツとグリフィス、そして「鷹の団」の兵士たちは、固いきずなで結ばれていく。しかし、グリフィスの夢のために戦い続けることに疑問を抱き始めたガッツは、グリフィスのもとを去る決断を下し……。


 全3部作のうちの1作目なので中途半端な終わり方はしょうがないだろうが、

 ”えっ、もう終わり?”

 な感じで物足りない気分。

 戦闘シーンは迫力があり、首はポンポン飛ぶし、血飛沫も半端ないから、そういうのが苦手な人には向かないかもしれません。

 自分もアニメだからまだ観られるけど、実写なら耐えられないかも。

 お話的には、分からないことだらけで、1作目だけでは評価しかねますね。


     満足度:★★★



 休憩後、「ベルセルク 黄金時代篇 Ⅱドルドレイ攻略」の上映。


 あらすじ: 激動の戦乱期、自分の身長ほどの剣を難なく使いこなす剣の名手ガッツは、やがて傭兵(ようへい)集団「鷹の団」と行動を共にするようになる。彼は数多の戦いを乗り越えてきたが、自分が団長グリフィスの夢に振り回されていることに気付き、彼との決別を覚悟する。そんな折、ミッドランド王国より鷹の団にドルドレイ要塞陥落の命令が下され……。


 Ⅱのメインはやっぱり”ドルドレイ攻略”の戦闘シーンでしょう。

 眠気の心配をしていましたが、集中したためか、Ⅰよりも短く感じたくらいです(Ⅰ:80分、Ⅱ:96分)。

 (隣の人の方が前のめりの姿勢だったからもっと集中してたかも。頭が視界に入って邪魔でしたけど・・)

 戦いの後の展開が、Hシーンの辺りからどんどんダークな世界になって行きます。

 (ファンタジーなのに、あのHシーンは長すぎた気がするのは自分だけかなぁ・・)

 本作品が”ダーク・ファンタジー”と称される意味が分かってきました。

 ただ、音楽はちょっと上品すぎる気がするので、もっと”ダーク”な部分を感じさせて欲しいと思います。

 そして、Ⅲの予告で終了するが、これを観る限りはかなり期待出来そうです。

 てか、Ⅲを観ないとここまで観た意味が無いでしょう。

 
     満足度:★★★★

 いやー、Ⅰ、Ⅱを続けて観る事が出来て本当に良かったです!
 


 (追記)
 1作目終了後、10分程の休憩を挟み、当初監督のティーチインの予定が、監督の体調不良のため無くなってしまい、その代わりにSTUDIO4℃のプロデューサーが監督のコメントを届けに来てくれました。

 監督、無理せず(って言ってももう遅いかもしれないが)自分で納得の行く作品に仕上げて下さい!

 必ず、劇場に足を運んで”降臨”を見届けますから・・


 その前に、原作漫画、読みに行きます!
 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/708-45cb9dfd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top