2012
05.17

外事警察 その男に騙されるな

Category: 映画
 5月15日(火)東映試写室にて試写会「外事警察 その男に騙されるな」を鑑賞。

 開始15分前には入場しましたが、既に一番前しか空きが見当たらない状態だったので右端に座り開始まで頂いたプレスシート(これ貰えると本当に嬉しいんです!)をじっくり読みました。


 あらすじ: 東日本大震災の混乱が続く、2011年の日本。原子力関連部品のデータが、某大学の施設から盗み出される事件が発生する。警視庁公安部外事課の住本(渡部篤郎)は、不正輸出にかかわっているとマークしていた奥田交易の社長夫人・果織(真木よう子)の経歴や行動パターンを調査。彼女を協力者として取り込む住本だったが、何者かに刺されてしまう。やがて、その襲撃が日本にひそんでいる韓国人工作員から警告であることが判明し……。


 ドラマを全く観ていなかったので、心配してましたが、特に問題無さそうでした。

 それにしても凄い!

 面白かったというよりは、”凄い”の方が合っている感じ。

 まず、田中泯さんの存在が凄い!

 居るだけで、あの存在感は、凄すぎる。

 田中泯さんが出演することが決まった時点でもう映画は成功したと言って良いと思います。
 (単純に自分がファンだからというのもありますが)。
 
 今回、外事警察の餌食(言い方が悪いけどこの表現がしっくりくる)となる一般人役の真木よう子さんが凄い!

 かなり難しい役にも関わらず、最後には、”あれ、騙されてるのか?”と観ている側を混乱させる。

 そして、”ダークヒーロー”の住本演じる渡部篤郎さんがやっぱり凄い!

 副題に”その男に騙されるな”とあるから、それなりに警戒しながら観る訳ですが、騙されるなっていうほうが無理です(笑)。

 最後の最後まで”騙されました”、ハイ。

 後で考えると、そうだよなぁ、って思うんですけどね。

 公安に関しては、小説をいくつか読んでいるのでそれほどの驚きは無いのですが、それでもこの映画で、”そこまでやるか”って思うところはあった。

 映像も、凄い!

 深みがあるというか、今まで観たことがないトーンで、顔の表情一つとってもリアルさを感じることができ、この内容にとてもよく合っていたと思います。

 
 上映後に、監督とプロデューサーのティーチ・インがあり、制作裏話を聴かせて頂きました。

 脚本は兎に角大変だったと御三人様は口を揃えて仰っておりました。

 監督は、結構男前な感じがしましたが、これからも期待したいと思います。


 これだけのクオリティーの作品には、そうそう出会えるものではないと思います。

 きっとリピーターが映画館に詰めかけるのでは?

 取り敢えず自分は、TV放映されたドラマのDVDをレンタル屋に探しに行きます!


  満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/707-1f2528ee
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2013.03.31 06:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top