2012
04.14

捜査官X

Category: 映画
 4月11日(水)東商ホールにて試写会「捜査官X」を鑑賞。

 この日も試写会がダブってしまったが、迷わずこちらを選択した。

 雨のせいか、上映開始時間5分前に入場したけれど大分空席が目立ち、勿体ないことだと思いながら上映を待った。


 あらすじ: 平穏を絵に描いたような山奥の村で、指名手配中の凶悪犯が強盗殺人を犯し、その場に居合わせた製紙職人リウ(ドニー・イェン)と争った末に命を落とす事件が起きる。凶悪犯を退治したリウを住民たちが英雄だと称賛する中、村を訪れた捜査官シュウ(金城武)は精緻(せいち)を極めた現場検証や検死を開始。その結果、リウが正当防衛を装って、故意に凶悪犯たちを殺害したのではないかという疑念を抱くようになる。研ぎ澄まされた推理力と直感、常人の域を超えた博覧強記ぶりを発揮し、徐々に事件の核心に近づいていくシュウは、リウの驚くべき過去を知ってしまう。


 金城くんを観たくて期待していましたが、主演はドニー・イェンでしたね。

 自分は「孫文の義士団」「イップ・マン」を見逃しているので、この方をよく知りませんでしたが、凄いアクションをする人なんですね。
 
 アクション監督まで務めていて、”アジアを代表するアクション俳優”とチラシに書いてありました。

 今まで知らなかったのをちょっと後悔しています。

 邦題の「捜査官X」(イマイチな題名?)からは想像も出来ない、ミステリー&アクション映画でした。

 でも、金城くんは病弱な役で、ほぼやられっぱなしな感じでしたが、”脳内捜査”よばれるそれは、なかなか見応えありです。

 ドニー・イェンの奥さん役:タン・ウェイ(この人も存じ上げません)の演技も良かったです。

 あまり語れないけれど、ラストの決着の付け方には、

 ”えぇーっ!”

 って思ったけど、こうでもしないと無理なんでしょうから、無理矢理納得した感じでした。
 
 観てくれたら分かってもらえると思います、多分・・。

 しかし東京都ではたった4館での公開のようなでとても残念です。

 機会があったら観て欲しい作品。


 DVDで「ウォーロード/男たちの誓い」「孫文の義士団」「イップ・マン」を早速レンタルで観たいと思います!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/700-f88e70fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top