2012
03.27

ヒューゴの不思議な発明(3D版)

Category: 映画
 3月24日(土)TOHOシネマズにて映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」をレイトショーで鑑賞。

 入場者が少なそうだったので、珍しく後ろの真ん中の席をとりました。


 あらすじ: 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。やがてヒューゴは、機械人形にはそれぞれの人生ばかりか、世界の運命すらも変化させてしまう秘密があることに気付き……。


 導入部から、流れるようなカメラワークに魅了された。

 この3Dは悪く無かったですよ。

 それにしても邦題の「・・不思議な発明」はよろしくありません!

 ファンタジーな内容を想像してましたから、ある意味裏切られました。

 かなりノスタルジーで、可愛そうなお話で、少し子供向けに感じられた。

 ヒューゴが亡き父からゆずり受けた手帳は、イザベラと出会う為の小道具だったのか?

 大事な形見だったんじゃないのか?

 存在しているのかどうか不明なままで、途中から触れられもしなかったけど・・

 このあたりに関して、特に触れられている書き込みが見当たらなかったので、自分が気にしすぎているだけなのでしょう。


 監督は制作者側からの立場としての”映画愛”を、観ている私たちにスクリーンを通して伝えたかったかのようだった。
 
 ”映画”というものがどれだけ夢に満ちあふれているものなのか、改めて気付かされた、そんな映画でした。

 
 映画館での鑑賞をお勧めします!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/696-f64549ba
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top