2012
02.22

わが母の記

Category: 映画
 2月16日(木)松竹試写室にて映画「わが母の記」を鑑賞。

 この時期に今年初めての試写会となりました。

 この調子だと、今年はあと何本も観られないんだろうなぁ。

 こちらの試写室は何度か訪れていますが、何故か妙に落ち着いて観られるし、駅からも近いので好きな場所です。

 上映開始5分前くらいの入場だったので、1列目に座りました。


 あらすじ: 昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は実母の八重(樹木希林)の手で育てられなかったこともあって、長男ではあるが母と距離をとっていた。しかし、父が亡くなったのを機に、伊上は母と向き合うことになる。八重もまた消えゆく記憶の中で、息子への愛を確かめようとしていた。



 とても、昭和の日本映画らしい趣のある、大人が落ち着いて楽しめる貴重な映画と言ってよいでしょう。

 原作者の自伝的小説の映画化との事ですが、作者の井上靖氏の作品を読んだことが無いし、氏のことも知らない自分にとって、役所広司さん演じる洪作(古き良き昭和の頑固親父風)のイメージがイコール作者のイメージとして映りました。

 良い原作を上手くまとめただろうと思われる脚本と演出、昭和40年前後を彷彿とさせる風景を丁寧に切り取っただろう映像、そして豪華役者陣の素晴らしい演技。

 恐らくこれ以上は望めないだろうと思われる程の完成度でしょう。

 これを観ると自分の母親や家族についてどうしても考えざるを得なくなる。

 自分の場合は、母との確執(言ってしまえば、まぁ自分の我が儘なんでしょう)があり、実家にいた頃はいつも口喧嘩ばかりで、それが嫌で家を出たようなものでした。

 上京してからでも、たまに掛ける電話で喧嘩が始まる始末。

 親不孝者の愚息が心配でしょうが無いのは申し訳無いと思うんですが、お互い素直になれないんです。

 しかも両親の世話は、同居している兄夫婦に任せっきりなもので、自分の立場なんて最悪です。


 と、まぁ、こんな事を考え始めたら、映画の感動も薄れてしまいますね。

 一番の感動シーンは、洪作が母をオンブして海辺を歩くところ。

 そして、あおいちゃんのセーラー服姿の違和感の無さにも感嘆した。

 ただ、痴呆の母親の看護に関しては裕福な家庭環境でのものなので、共感できない部分も人によってはあるだろうと思います。

 
 観終わってすぐ、もう一度観たいと思う作品はなかなか無いので、大事にしたい映画の一つです。


     満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/690-fc5b6763
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top