2011
11.26

ハードロマンチッカー

Category: 映画
 11月21日(月)よみうりホールにて試写会「ハードロマンチッカー」を鑑賞。

 上映開始10分前に入場したら、空席が目立っていたので、2階席から降りて1階席の前目の右端に座り上映を待った。

 
 あらすじ: 下関に生まれ、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザ・庄司(真木蔵人)に危険な物を無理やり渡されたり、刑事の藤田(渡部篤郎)に絡まれたりするフリーターのグー(松田翔太)。ある日、後輩の辰(永山絢斗)とマサル(柄本時生)が敵対関係にある高校生の家に殴りこみ、それを聞いたグーは、事件の真相を求めて奔走するが……。


 前回の「タンタン・・」に続き今回も悪夢が・・

 今回は何と、場内が暗転してから前の席に女性が座り、自分の鑑賞の邪魔をしてくれた(怒)。

 まず、頭が邪魔だったので、少し背伸びする感じに座りなおした。

 途中からは、退屈になったのか、しきりに長い髪を左手で弄りだし、その手が画面を遮り、イライラしながら観ていた。

 そして、エンドロールが始まると、頭の後ろに両手を組み、スクリーンの1/3程が遮られてしまった。

 折角、出演者を確認しようとしてたのに、見損ねてしまったじゃないかよぉ。

 何度、背もたれを蹴ってやろうかと思いましたよ、ホント。

 あぁー書きながら、また怒りがこみ上げてきたぞぉーっ。

 
 いい加減、映画の感想を書かないと誰も見てくれなくなりそうなので、怒りを一旦静めますね。

 この映画、半端な気持ちで観に行かない方がよさそうです。

 ある程度の覚悟が必要でしょう。

 男とか女とかだれかれ関係なくほぼ”暴力”。

 それも容赦なし。

 さすが”R15+”指定。

 ”下関”って、こんなに怖い場所なん?

 ”痛い”のが苦手な人は無理かも。

 ”神経”がささくれ立つ感じの嫌な”暴力”だ。

 そんな”暴力”でしか自分を表せない主人公”グー”役を松田翔太が好演している。

 2枚目役なんかより(申し訳ない)こういう野蛮な男の方が合っていると思った。

 あと、マサル役は”柄本時生”しか考えられない、それ位イメージ通り。

 彼に今年の助演男優賞をあげたい!

 他に、中村獅童が笑えるキャラを気楽(?)に演じてて面白かったし、渡部篤郎の刑事役も変で良かった。

 題名の”ハード”は”スーパー(超)ハード”だったけど、

 ”ロマンチッカー”は、ほんの少しの”(純情)ロマンチック”だった気がする。

 でもこの題名は気に入ってます!

 あと、音楽も作品に合っていて良かったですね。

 
 ある程度、観る人を選ぶ映画なので、お気を付けあそばせ。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/681-5c54b0bb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top