2011
11.22

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

Category: 映画
 11月18日(金)MOVIX亀戸にて試写会
 
 「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(3D吹替え版)

 を鑑賞。

 この映画館は初めてだったので、早めに出かけ(おかげで睡眠時間が3時間弱だった)たら、上映開始30分以上前に着いてしまった。

 座席を確保した後、アリオ館内をブラブラしてたら、あっという間に時間が過ぎて、19時丁度に慌てて着席した。
 
 そうしたら何と運悪く、隣の学生が煩くて集中できず参りました・・

 前目の席だったので、後ろを振り返り、全員メガネをしているのを見て

 ”うぉー、写メ撮りてーっ”

 とか言っちゃって、もう、何とかしてって感じ。


 あらすじ: ある日、タンタン(ジェイミー・ベル)は、ガラスケースに陳列されていた帆船の模型に魅了され購入する。ところがその直後から、彼は見知らぬ男たちに追いかけ回されるハメになる。何とその船は17世紀に海賊の襲撃によって消息を絶った伝説のユニコーン号で、模型のマストにはある暗号が記された巻物が隠されており……。


 もう、上映開始から軽快なテンポのよい音楽に合わせて隣の学生の一人が肘掛を叩き出した。

 いつまでも止めないから”煩い”と言ってしまったが、一瞬止まっただけでまた叩き出した。

 折角のオープニングが台無しでしたよ、全く・・

 また、映画中盤では、妙に立体感があるなと思ったら、同じ列に座っていた男の子が、トイレか何かに行こうとして前を横切ったからだった(苦笑)。

 と、まあ、なかなか集中して観るのが困難な状況だったが、映像的には素晴らしい3DCGアニメに仕上がっていました!

 人物以外のものが実写並みに表現されていて、奥行き間もあり、とても良かったです。

 実写では描ききれないカメラワークやドタバタアクションの数々にワクワクしました。

 これは是非3D版で鑑賞するべきでしょう。

 本当は、字幕版でダニエル・クレイグや他の役者さんの声(サッカリン役)を聞きたかったんだけど、吹替え版の方が映像をしっかり観られたので、これで良かったように思います。

 あと、愛犬スノーウィの可愛らしいったらありません。

 もう大好きになってしまって、犬を飼いたくなりました。
 (現実的ではありませんが・・)

 お話は、誰でも分かるような内容にしているので、大人には正直物足りなさを感じるかもしれません。

 それに、ラストが思った程盛り上がらなかったのは、続きを予感させるせいだったのかなぁ・・

 まぁでも、タンタンと一緒に冒険している気分になれれば、それで十分だと思います。


 この冬、貴方もタンタンやスノーウィ、ハドック船長と冒険の旅に出掛けてみませんか!!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/680-43956571
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top