2011
09.29

世界侵略:ロサンゼルス決戦

Category: 映画
 9月27日(火)TOHOシネマズにて映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を鑑賞。

 先週、名画座に行ったが、やっぱり良い環境で映画を観たいと改めて思い、会員割引の日でもあったのでバイト明けに寄ってみた。

 平日の朝一は混雑もなくて良いですね。


 あらすじ: 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとらえる。その後もブエノスアイレスやソウル、ロンドンでも未知の飛行体が目撃されたが、その真相は不明だった。そして2011年、これまで世界各国で確認されたUFO事件を通して人類を監視してきたエイリアンたちがついに侵略を開始し、ロサンゼルスで海兵隊と市街戦を繰り広げる。


 SFというよりは、海兵隊小隊vsエイリアンの戦争映画でしたが、題名ほどのスケール感は残念ながら無かったです。

 設定が2011年8月12日になっているけど、現代っぽくなくSFっぽくもないのはエイリアンのせいなのか?

 始めの方は、姿もよく分からず強そうなイメージ」だったんだけど、軍隊の銃で遣っ付けられたり、体を調べたら急所があったり、無線に反応する事が分かったりそて、実は弱いの?みたいな。

 で最後は、何だかなーって感じ。

 「スカイライン」のようなエイリアンだったら、戦争しても勝ち目が無いからしょうがないのかなぁ。

 そういう意味では、バリバリのハリウッド的アメリカ映画で、海兵隊がカッコ良く、勇敢に描かれています。

 まるで、元気の無いアメリカ国民を元気づけるための映画のようだった。

 ”アメリカの軍隊が一番!” みたいなね。

 
 ドンパチ好きにはお勧めでしょう。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/668-1fac5ee4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top