2011
09.06

復讐捜査線

Category: 映画
 8月27日(土)シネマスクエアとうきゅうにて映画「復讐捜査線」を鑑賞。

 バイト明け後にネットカフェに寄り、それほど待たずに観られそうだったのでチケット屋で前売り券を購入し映画館へ。

 入場後直ぐに予告編が始まったので暗闇の中、スクリーン前に移動し適当に座った。

 もう30年くらい経つはずのこの映画館、さすがに椅子がちょっと傾いていたけど気にせず買っておいたコーヒーを飲みながら本編を待つ。


 あらすじ: ある日、ボストン警察殺人課に勤務するトーマス(メル・ギブソン)の自宅の玄関先で、彼の娘が射殺されるという悲劇が起きる。腕利きの刑事である彼は自ら捜査に乗り出し、やがて娘が勤めていた軍事企業に絡む巨大な陰謀にたどり着く。自分の目の前で最愛の娘の命を奪われたトーマスは、度重なる捜査妨害や命の危険も顧みず突き進み……。


 久しぶりのメル・ギブソン、老けたねぇ。

 約9年ぶりらしいの映画らしいが、「サイン」以来なのね、あれは酷かったなぁ、なんであんなのにでちゃったかなぁメル。

 老けはしたけど、復習に燃えるギラついた眼は相変わらずだ。

 B級的なタイトルと内容だけど、結構楽しめた!

 ”極秘”って字幕がやたら多かったのが何だかだけど・・

 終盤のヤッツケ的な終わらせ方はもう少し何とかして欲しかったけど、最後の終わり方が良かったので良しとしよう。
 
 この時期の日本のことも考えさせられるものも含まれてるので一考の価値ありです。

 謎の殺し屋役が特に良かったし、娘役の人は結構タイプだった。

 
 プライヴェートで問題あるようだけど、また面白い映画に出たり作ったりして欲しいな、メル。
 

     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/662-f99df7fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top