2011
07.30

水曜日のエミリア

Category: 映画
 7月29日(金)シネマート新宿にて映画「水曜日のエミリア」を鑑賞。

 登録事務所に寄り、バイト開始までの空き時間、雨で歩き回るのも嫌だったので、丁度良い時間帯の映画がこれだった。

 
 あらすじ: ニューヨークで弁護士として働いていたエミリア(ナタリー・ポートマン)は、既婚者の上司ジャック(スコット・コーエン)と恋に落ち、ジャックの妻で医師のキャロリン(リサ・クドロー)から奪って結婚。しかし、生まれたばかりの娘が突然死してしまった上、一緒に暮らす夫の息子ウィリアム(チャーリー・ターハン)は心を開かず……。


 「ブラック・スワン」をまだ観ていないのに、この作品を先に観てるのは自分くらいかもしれないなぁ。

 でも観て良かったと思った。

 ナタリー・ポートマン主演じゃなかったら、日本で公開されていなかったんじゃないだろうかと思うくらい、地味でちょっと重くてリアル感のある映画だった。

 しかも女性向け(最近これが多い気が・・)の内容です。

 自分としては、エミリアは結構嫌な女に見えました。

 略奪愛しかり、継子への対応しかり。

 だけど、彼女が娘を亡くした原因を知らされるあたりになると、彼女の悩みや苦しみが(ある程度)理解でき、涙してしまった(キャロリンが娘の死因についてエミリアに説明するシーン)。

 そして、ラストのエミリアとウィリアムのやり取り。

 いやー、良いシーンでした、最高!。

 あと、二人のスケートシーンも良かったなぁ。

 観ていた自分もウィリアムにちょっと救われた気になり、気持ちよく映画館を後にできました。


 地味で淡々とした内容が大丈夫な人にはお勧めできます!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/658-aac369f7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top