2011
04.30

マイ・バック・ページ

Category: 映画
 4月27日(水)アスミックエース試写室にて映画「マイ・バック・ページ」を鑑賞。

 妻夫木&松ケン初共演も気になるが、全共闘時代の事実を元にした映画とのことで観たいと思った作品です。

 原作は未読。

 
 あらすじ: 全共闘運動が最も激しかった1960年代後半、週刊誌編集部で働く記者・沢田(妻夫木 聡)は、理想に燃えながら日々活動家たちの取材を続けていた。ある日、梅山と名乗る男(松山ケンイチ)から接触を受けた沢田は、武装決起するという梅山の言葉を疑いながらも、不思議な親近感と同時代感を覚えてしまう。



 この当時生まれてはいたけれど、田舎育ちの自分には記憶として残っていません。

 東京に出てきてから(1980年前半)学生運動を記録した8ミリフィルムを観た事があるので、雰囲気は何となく知っているつもりです。

 ジャーナリストに成りたかった沢田に関してはある程度理解できるとして、革命家に成りたかった梅山については結局分からず仕舞いでした。

 学生運動を行っていた人達で、本当に”志し”を持っていた人は極少数で、多くの人は熱にうなされたように思想を持たずに参加し、大学を卒業すると素知らぬ顔で普通に就職していたと見聞きしました。

 どちらにも含まれない梅山は大学で自分が創設したセクトなのに、どこに進もうとしているのかを聴かれて答えられなかったり、所属や名前(梅山って名前もそもそも偽名)を偽って、沢田と接触しあわよくば資金を集めようとする”エセ活動家”。

 そして自分では語るだけで、行動は他の人間にやらせ、起こった”自衛官殺人事件”。

 梅山は”思想犯”というが、沢田は”政治事件”だと信じきれないまま、警察の事情聴取にはジャーナリストとして”取材源秘匿の原則”のモラルで悩むが・・

 で、この映画を一言でいうと

 ”梅山に振り回された人達のお話”

 というところか。

 だけど、これで殺された自衛官は浮かばれませんよ、本当に。

 這いつくばりながらの無念の表情は忘れられません。

 そして最後の沢田のシーン、とても良かったです!

 
 でも、この内容が現代の若者に理解されるんだろうか・・
 

     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/647-0bf7573a
トラックバック
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシ...
■映画『マイ・バック・ページ』 dot Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>dot 2011.05.21 19:52
試写会で観ました。学生運動のリーダーとリーダーを追いかけるジャーナリストのお話で
マイ・バック・ページ dot うろうろ日記dot 2011.05.23 22:56
 試写会の客入りは9割くらい、妻夫木×マツケン共演作だからなのか女性客が多い。
映画「マイ・バック・ページ」@よみうりホール dot 新・辛口映画館dot 2011.05.24 13:26
『運命のひとひねり』 / 冒頭、画面にはまだアスミック・エースやWOWOWのロゴしか出ていないうちから、1分1秒を惜しむかのように、1969年1月の東大安田講堂攻防戦を伝えるナレーションがあわただしく流れ始める。山下敦弘監督の約4年ぶりの長篇『マイ・バック・ページ』?...
レビュー:マイ・バック・ページ dot INTROdot 2011.05.28 13:37
【ストーリー】'69年、激動の時代。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田は、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける中で、梅山と名乗る男から接触を受ける。沢田はその男に疑念を抱きながらも、不思議な親近感を覚え、惹かれていく。ぴ...
映画『マイ・バック・ページ』 dot ぷくの日記dot 2011.05.30 10:09
管理人の承認後に表示されます
- dot dot 2011.05.31 21:45
 東大を卒業し、念願のジャーナリストになるべく東都新聞に入社、雑誌記者と して働く沢田(妻夫木聡)。1971年、彼は梅山と名乗る学生運動の活動家(松山 ケンイチ)と接触し、ある事件に巻き込まれる。...
「若さ」という熱病~『マイ・バック・ページ』 dot 真紅のthinkingdaysdot 2011.06.03 15:11
1969年から1972年を舞台に左翼思想の学生と雑誌記者の関係を描いた作品です。
勘違い男の暴走。『マイ・バック・ページ』 dot 水曜日のシネマ日記dot 2011.06.04 09:57
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...
『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは? dot 映画のブログdot 2011.06.07 00:32
監督は山下敦弘。 川本三郎のノンフィクションの映画化。 キャストは妻夫木聡 、松山ケンイチ、忽那汐里、 石橋杏奈、中村蒼、あがた森魚、三浦友和… あるジャーナリストの、 衝撃的な過去の出来事を描いています。 1969年、沢田(妻夫木聡)と関わった 活動家、梅山...
マイ・バック・ページ dot 花ごよみdot 2011.06.15 20:19
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度?...
『マイ・バック・ページ』 dot 京の昼寝~♪dot 2011.06.17 12:30
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい...
マイ・バック・ページ dot 映画的・絵画的・音楽的dot 2011.06.18 08:14
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top