2011
03.23

カラフル

Category: 映画
 3月22日(火)シネマート新宿にて映画「カラフル」を鑑賞。

 昨年公開作ですが、3月19日~4月1日の間「原恵一映画祭」を開催していて、ラインナップの中に見逃していた本作があったので駆けつけました。

 チケット購入時、監督のサイン色紙を頂いて得した気分で入場し、見渡すと10人程のお客さんだった。

 
 あらすじ: 突然現れて当選を告げる天使の計らいで、死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年・真の体に“ホームステイ”をすることに。現世に戻る再挑戦のため、真としての生活を始めた“ぼく”は、やがて真が自ら死を選んだ理由を知る。そんな中、“ぼく”は現世に戻る再挑戦をすることの本当の意味を考え始めるが……。


 原作は未読で観ましたが、非常に重い内容だ。

 実写よりもアニメで作ったのは正解だと思いました。

 しかも原監督の映像感覚によく合っていたんだと感じました。

 現世に未練の無い”ぼく”が半ば無理やりに現世に戻され、他人の体で他人と生活するのだから投げやりに日々を過ごして行くうちに色んな事が分かり始めていく・・

 ガイド役の天使(なのか?)”プラプラ”(変な関西弁で話すんだけど、何か意味があるのか??)と”ぼく”のやり取りや同級生佐野唄子のキャラで笑える部分がある以外は、いじめや不倫や援助交際や家庭不和など暗い話が淡々と続く。

 にも関わらず退屈せずに観ていられたし、終盤の鍋のシーンでは泣いてしまった。

 自分にも心当たりのあるところが沢山あったために耐えきれなかったんでしょう。

 コンビニ前で早乙女と真がチキンと肉まんを分け合って食べるシーンも心に残りました。

 自殺はイケないことだとか、自分だけが不幸だと思っているのは普通の事(皆んなそれぞれ色んな事を抱えてる)だとか、あたりまえの事を観た人にストレートに伝えてくれる、そんな映画。
 
 人は一色じゃなく、色んな色を持っている(奇麗な色や汚い色も)ってね。

 
 ただ残念だったのは声と音楽。

 このクオリティなら、名の売れた俳優さんを使わずに声優さんでやって欲しかった(あおいチャンは除いて)。

 使った曲は良いんですけど、アレンジと歌い手さんはちょっと違うんじゃないかなと。


 中学生を中心に色んな人に観てもらって元気になって貰えればと思います!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/640-dc878de9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top