2011
02.19

恋とニュースのつくり方

Category: 映画
 2月17日(木)なかのZEROホールにて試写会「恋とニュースのつくり方」を鑑賞。

 
 あらすじ: 失業中のベッキー(レイチェル・マクアダムス)はニューヨークで朝番組のプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組だった。彼女は番組を建て直すため大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を起用し、やがて同僚のアダム(パトリック・ウィルソン)と恋に落ちる。恋に仕事に順調なスタートを切ったベッキーを、思わぬ事態が待ち受けていた……。


 「ノッティングヒルの恋人」の監督が作った映画なので観たいと思ったんだけど、あそこまでのラブストーリーではなく、働く女性が仕事と恋愛に悩みながら頑張る話だった。

 かなり女性向けな話だったけど十分楽しめました。

 レイチェル・マクアダムスは個人的に嫌いじゃなかったので、つい応援しながら観てしまった。

 ダイアン・キートンは、また随分と弾けてましたね(大笑い)、遣り過ぎな気がしたがきっと本人は楽しんで演じていたんだと思います。

 パトリック・ウィルソンは、格好いいんだけど何故か存在感が感じられない。

 ハリソン・フォードは、こういうわがままな大御所的な役ってあまり記憶に無かったので、始めシックリこなかったけど、ラストにはやっぱり決めてくれました。

 ついウルッとしてしまいました。

 
 気楽に観られて、気分良く映画館を出られるそんな映画でしょう。

 その後は記憶にあまり残らないかもしれませんけどね。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/636-2827eb17
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top