2010
12.30

2010年鑑賞映画のまとめ

Category: 映画
 先程、仕事納めを済ませ、帰りに寄り道して書き込みしています。

 今年は思うように更新出来ず、寂しいブログになってしまいました。

 来年はもう少しマシなブログにしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します!


 と、いう事で、今年の映画の簡単な総評を書き留めます。

 今年鑑賞した映画は45本と少なめで、その内試写会が2/3を占めました。

 いかに映画館に足を運ばなかったかが分かります。

 理由は簡単、お金が無いからしようがない。

 しかも頼みの試写会すら当選確率がガタ落ちで、控えていたハガキの応募を増やしても確率が上がる事はなく為す術無い状態です。

 このままでは来年どうなるのか非常に心配ですが、取りあえず今年の総括にいきましょう。


 【洋画】

 27本のうち、僕的№1は、

 「インセプション」。

 今年文句なしの1番です。

 ストーリー&映像に驚かされ兎に角凄いとしか言えなかった。

 映画館で観る事が出来て本当に良かったと思える作品です!


 そして1番ガッカリだった映画は、

 「シャッター アイランド」。

 一般的な評価はそんなに悪く無いみたいで自分には不思議なんだけど、妄想的な内容には付き合いきれません。

 スコセッシ監督にはこの映画を作って欲しくなかった。

 音楽も良くなかったし、ひたすら眠くなるだけだった。

 試写会で観たのでまだ救われましたが・・


 【邦画】

 18本のうち、僕的№1は、

 「おにいちゃんのハナビ」。

 映画の完成度としては「悪人」だし、凄いと思った「告白」は人には勧められないのし・・

 で、結果的に一番泣かされた映画ということで「おにいちゃんのハナビ」にしました。

 ”片貝まつり”という題材で作り上げられた人間ドラマを多くの人に観て貰いたいと純粋に思います。

 大作でもなく、さほどPRもされなかったのがとても残念です。

 個人的には「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに藤井フミヤさんが出た時、この映画に感銘を受け曲を作ったという事を話してくれてこの映画を知った次第です。

 この曲、映画の最後に流れますが、なかなか良い曲でした。


 そして1番ガッカリだった映画は、勿論(?)、

 「恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~」。

 お金払って(200円だけど)観た映画で、ここまで失望したのはあまり経験の無い事です。

 あまり思い出したくも無いので、これ以上触れるのは止めましょうね。


 今年多くの3D映画が公開されましたが、「アバター」を除けば(昨年公開作なので)「タイタンの戦い」しか観ていません。

 公開中の「トロン:レガシー」に期待しているんですが、どうやら「アバター」を超えるデキでは無い様で残念です。

 また、アニメは「秘密結社鷹の爪 THE MOVIE 3」しか観ていないので、邦画扱いにしました。


 今年も観たい映画を沢山観逃したので、来年こそはもう少し映画館に足を運ぼうと思います。

 
 それでは皆様、良いお年をお迎えください!!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/626-bc6229b6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top