2010
12.14

SP 野望篇

Category: 映画
 12月9日(木)TOHOシネマズスカラ座にて映画「SP-野望篇-」を鑑賞。


 あらすじ: チームリーダー尾形(堤真一)の、耳を疑うような発言に疑心をぬぐい切れない井上(岡田准一)は、表面的には平和な姿をしている日常の中に、特殊能力で脅威の存在と四六時中シンクロしていた。そんなある日、六本木で大規模テロ事件が勃発(ぼっぱつ)。テロリストの魔手は笹本(真木よう子)ら第四係のメンバーにも向けられていた。


 本作はTVドラマの続編になっているので、取りあえずドラマを観てから観る事をお勧めします。

 また、自分が観た回は日本語字幕版で、邦画としては珍しい上映でした。

 いきなり六本木ヒルズでのアクションシーンから始まり、井上役の岡田くんが全力で体を張った演技(痛そうなんだなこれが)を見せてくれる。

 でも見所はココだけ、というか最高潮のシーンがココになるんですかね。

 後半にもアクションシーンはあるけれど、腑に落ちない事ばかりだし、

 ”ちょっとそれはやり過ぎじゃないの?”

 って思える部分(ダイナマイトを投げるシーン)もあって残念な感じ。

 お話的には、ドラマ以降あまり進まない感じで謎も不明なまま終わってしまい、革命篇までお預けなのも物足りないかと。

 とは言え、尾形チーム面々のやり取りには笑わされますが・・

 正直、映画にする必要は無かったと思います(制作費を削ってTVスペシャル版でOKでしょう)。

 でもTVドラマにハマッタ人は観ちゃうよね。

 そして「SP-革命篇-」も当然のように観るでしょう(勿論自分もね)。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/624-1fcc4c40
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top