2010
11.20

デイブレイカー

Category: 映画
 11月17日(水)なかのZERO大ホールにて試写会「デイブレイカー」を鑑賞。

出掛ける時の天気予報では”もうじき雨は止む”と言っていたので、折り畳み傘をさして中野に向かい、1時間15分程かけて中野駅に到着すると雨の勢いは何と増していた。

空を見上げ一瞥をくれてから傘をさし足下を濡らしながら会場入り。

何時もなら2階席に上がるんだけど今日は1階席が結構空いていたので中間列の右端に腰を下ろす。


あらすじ: 人類のほとんどがヴァンパイアと化した近未来、食糧源である人間の数は減少する一方だった。ヴァンパイアは不老不死である代わりに、人間の血液を取り込まないと理性を失い凶暴化してしまう。そんな中、自らもヴァンパイアである血液研究者のエドワード(イーサン・ホーク)は、絶滅寸前の人間に危害を与えずに済む代用血液の開発に奮闘するが……。


イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、サム・ニール出演ってだけで観ようと思ってた作品(監督は全く知りませんが・・)。

”またヴァンパイア映画かよっ”て思う無かれ、オリジナリティ溢れた設定とストーリーに思わずニヤリ。

売店で血液入りコーヒー?を売っていたり、我慢出来ずにヴァンパイアに噛みつくと”サブサイダー”と呼ばれる凶暴モンスターに変貌し誰彼構わず襲いまくったり、日中外を移動するときは紫外線完全遮断仕様車を使ったり・・。

サムの旦那は元々ヴァンパイアだったんじゃないかって言う位それっぽいし、ウィレム兄貴は重要な役所で一々登場が格好良かったり、イーサンくんは存在感ありありだけどひ弱っぽいヴァンパイアが結構良いカンジだ。

個人的には、日光を浴びたヴァンパイアが炎に包まれて爆発し跡形もなくなくなるお決まりのシーンが堪らなくスキです(悪趣味ですか?)。

ただし、幾つか”あれっ?”、”何で・・”ってところがあったのが残念だったし、字幕も所々見づらかったし、ラストの血まみれ壮絶シーンはグロかったし(流石R15+だ)・・

なので、血が苦手な人にはお勧めできませんが、そうでなければ楽しめる作品だと思います。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/621-ef424a8c
トラックバック
 抜群に面白いSFの一つとして『スラン』を挙げることに反対する人はいないだろう。A・E・ヴァン・ヴォークトが1940年に発表したこの傑作小説に魅入られた人は多い。  新人類が活躍する『スラン』の後継とい...
『デイブレイカー』に学ぶ3倍オモシロくする方法 dot 映画のブログdot 2010.11.30 22:03
[ヴァンパイア] ブログ村キーワード  ヴァンパイアと人類の戦いを描いた映画ってのは、これまでにも色々とございましたが、本作が描いているのは、これまでとは少々毛色が違っていると思います。「デイブレイカー」(ブロードメディア・スタジオ)。だって、地球?...
「デイブレイカー」血が欲しい~! dot シネマ親父の“日々是妄言”dot 2010.12.01 22:25
監督 マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 主演 イーサン・ホーク 2009年 オーストラリア/アメリカ映画 98分 ホラー 採点★★★ 映画でも良く取り上げられる“永遠の命”って、確かに非常に魅惑的な響きを発しておりますねぇ。ただ、何歳の時点でその…
デイブレイカー (Daybreakers) dot Subterranean サブタレイニアンdot 2011.06.11 00:39
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top