2010
08.02

アイアンマン2

Category: 映画
 7月31日(土)池袋シネマロサにて映画「アイアンマン2」を鑑賞。

 当日13時30分より試写会があるため、バイト終わりで帰宅したら、まず間違いなく寝てしまい出掛ける気にならないだろうと思い、取りあえず「桂花」で朝らーを食べて腹ごしらえした後、ネットカフェへ。

 で、前売り券を買ってあった「アイアンマン2」の上映時間を確認してビックリ。

 殆どで上映が終了していて池袋と銀座でしかやっていなかった、やばいやばい。

 丁度良い具合に10時45分開始だったので、その時間に併せて電車で向かった。

 会場は自由席だった(今時珍しいけど、混雑してないときはこうあって欲しい)ので前めの通路側に着席。


 あらすじ: パワード・スーツ受け渡しの国家命令を拒否した科学者兼経営者のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。ある日、トニーの前にウィップラッシュ(ミッキー・ローク)なるアイアンマンと互角のパワーを持つ敵が現れたことから、トニーは再びパワード・スーツに身を包みアイアンマンとして立ち上がる。


 前作を観ないで本作を観た事をちょっとだけ後悔したけど、それ程気にならなかった。

 やっぱりアメコミ映画は楽しいし、派手で迫力があるから好きだ。

 バック型の変身スーツが何と言ってもカッコ良かった。

 こんなのが兵器として使われたらそりゃあ大変な事ですよ、特にアメリカでは。

 あと後半でスカーレットのアクションシーンで、沢山の敵を倒す度に彼女の顔面アップ(無表情な”どや顔”か)になるのが妙に可笑しかった。

 そして本編以上に気になったのがエンドロール後の映像だ。

 自分には何のことか全く分からなかった(続編を作るよっていう前振りなんだろうけど・・)。


 何はともあれ前作を近いうちに観たいもんです。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/604-e620305d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top