2010
07.20

インセプション

Category: 映画
 7月19日(日)TOHOシネマズにて映画「インセプション」を鑑賞。

 予告編を観た瞬間、この夏一番観たい映画になったので公開を待てずに先行ロードショーで観てしまった。


 あらすじ: コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。


 観終わって正直疲れました。

 でも、”また観たいっ”って直ぐに思った。

 このお話も凄いし、よく映画に出来たなと驚き、いや、驚愕です。

 恐らく内容の半分くらいしかちゃんと理解できていないと思う。

 それなのに面白いと感じるんだから、また驚きだ。

 他人の夢の中に入り込み、アイディアを盗むだけじゃなく、記憶を”植え込む”(インセプション)事までやるディカプリオ。

 こんなことホントに可能なのかは分からないけど、理論的には何となく分かる。

 勿論誰でも出来るわけではないんだろうけど、こういうのってなんかワクワクする。

 夢の中に入り込んでから、さらにまた深いところに潜り込んだり、それぞれの世界で時間の概念も違っていたり 、夢の中だから死んでも問題ないかと思えば、そうでもなかったりして、理解に苦しむんです。

 予告編に出てくる夢の中の凄い映像は勿論、無重力空間でのジョセフ・ゴードン=レヴィットがカッコよかった。

 観ている側としては、どれが現実で夢なのか分からないと混乱するけれど、それを判断するためのアイテムが最後の最後まで活かされていて、その結末も観た人によって分かれてしまうくらい絶妙です。

 やっぱり、クリストファー・ノーラン監督は凄い人だった・・

 この映画は観ないと後悔すると思います!


      満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/601-0d9a49ec
トラックバック
コメント
良かったなぁ この映画 万人に共感されるんじゃないかなぁ チームの中でも 皆さん オスカーノミネートされてるし マリオンは戴いてたりして
よく 集まってくれてるみたいな ダークナイト ビギンズには渡辺謙も マイケルケインも常連だし
一押し クリストファーノーランですよね!
昔のアラクロフォビア?は配役最高だったのに 最悪だったけど メメントは脱帽でした 好きです
てるdot 2010.07.27 02:30 | 編集
 てるさん、コメント有難うございます。
本当にノーラン監督には脱帽です!
sk38dot 2010.08.02 07:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top