2010
06.23

プリンス・オブ・ペルシャ

Category: 映画
 6月22日(火)シネマート新宿2にて映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」を鑑賞。

 バイトまでの空き時間、20時上映開始で入場料1200円だったので入って後悔してしまった。

 スクリーン小さ!!

 席数62って、こんな大作を上映する設備じゃないでしょ。
 
 で、観客は自分入れて3人って、しかも指定席?どうするんだよこれ。

 って、早速カップル席移動してるし、俺と同じ並びが嫌なんですか、そうですか、スミマセンね邪魔しちゃって・・

 でも手遅れだから諦めて大人しく上映開始を待った。


 あらすじ: シャラマン王に見込まれて養子となった、ペルシャ帝国第3王子のダスタン(ジェイク・ギレンホール)は勇猛果敢な若者だった。ある日、敵国への武器供給の情報を得た王の腹心の弟ニザムと王子3人は協力し、軍を率いて聖地アラムトの制圧を成し遂げる。だが、聖地への進軍は王の怒りを買い、王は武器供与の証拠を示せと息子たちに迫るのだった。


 いやー、良かったですよ、正統的な冒険活劇で!

 何にも考えずに楽しみました。

 こういうのって、たまに観るから面白いのかな?ワクワクドキドキって。

 時間が戻る瞬間、堪りませんね。

 そしてジェイク・ギレンホールのアクションにビックリ!

 こんなに身軽だったとは思わなかった。

 王子様って顔じゃないとは思うけどね。

 テンポも良くて退屈しなかったし。

 ただ、お決まりのヘビがね、駄目なんですよね。

 何でこの手の映画には必ずと言っていいほどヘビが出てくるんですかね、全くもう

 ディズニー映画だから安心して観られるし(お約束のハッピーエンド!)。

 どうせ観るなら映画館(スクリーンの大きなな)で観てください!

 
 あぁー、大スクリーンで観たかった・・・


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/594-fc3c128d
トラックバック
灼熱の大地での爽快なアクション、古代ペルシャのエキゾチックな雰囲気、恐ろしい黒魔術、タイムスリップ、お家騒動、複雑な家族愛、恋、運命、戦争と平和、さまざまな要素をてんこ盛りにしたファンタジー。夢のある明快なストーリーのお薦めエンタテインメント作品だ。
『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』お薦め映画 dot 名機ALPS(アルプス)MDプリンタdot 2010.07.25 02:31
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top