2010
06.18

レポゼッション・メン

Category: 映画
 6月17日(木)東宝東和試写室にて試写会「レポゼッション・メン」を鑑賞。

 
 あらすじ: 人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミー(ジュード・ロウ)は腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが、ある出来事によって人工心臓を埋め込まれてしまう。多額の借金を背負い追われる身になった彼は、謎の女性債務者ベス(アリシー・ブラガ)と出会う。


 ジュード・ロウとフォレスト・ウィッテカー出演というだけでも観たいと思わせる映画ですよね。

 今から20年後の世界が舞台なんですが、こんな世界は自分としてはあまり望まないけれど、普通の人は長生きしたいと思っているようなので、ある意味理想的な未来なんでしょう。

 きっと自分なら、人口肝臓や腎臓(日々のアルコール摂取のせいで(笑))に取り替えたとしても、支払いができずに間違いなく回収されて”ハイ、さようなら”ってことになるでしょう。

 そんな返済不可能な人から人口臓器を仕事として回収しまくるジュードが”回収される”側になり、自分がやってきたことに気づかされる。

 
 さて、その後どうなるか・・

 は、皆さんが観てのお楽しみということにしておきましょうかね。

 ラストは”そういうことなのか!”と思うはず!!

 そんな20年後の未来に興味のある方にはお勧め致しますよ。

 
 ただ、R15+指定なので、その辺はある程度覚悟して観てください。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/591-7f6f1005
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
- dot dot 2010.06.23 18:51
「レポゼッション・メン 」★★★☆ ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー出演 ミゲル・サポチニク監督、111分、2010年7月2日公開、2010,アメリカ、カナダ,東宝東和 (原題:REPO MEN)                     →  ★...
映画「レポゼッション・メン 」人工臓器は人間の未来を明るくできるのか dot soramovedot 2010.07.12 07:33
「レポゼッション・メン 」★★★☆ ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー出演 ミゲル・サポチニク監督、111分、2010年7月2日公開、2010,アメリカ、カナダ,東宝東和 (原題:REPO MEN)                     →  ★...
映画「レポゼッション・メン 」人工臓器は人間の未来を明るくできるのか dot soramovedot 2010.07.12 07:33
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top