2010
03.29

シャッターアイランド

Category: 映画
 3月24日(水)よみうりホールにて試写会「シャッターアイランド」<超>日本語吹替版を鑑賞。

 上映開始3分前に会場入りしたら、ほぼ満席に近い状態だったので右端の前から4列目あたりの空き席に座った。


 あらすじ: 精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。


 映像に集中して欲しいとの意図で、<超>(ここで観客はざわめいていた”何で超なんだ?”っていう疑問で)日本語吹替版での上映だったが、そんな風に言われたら”あれっ?”て思いながら観てしまいますよね。

 で、”まさかそんなオチ?”

 なんて思っていたら、そうだったんですねぇ・・

 しかも自分が一番と言っていいほど嫌なパターンだった。

 スコセッシ監督に、こんな映画は撮って欲しくはなかったです。

 「ディパーテッド」もあまり好きじゃなかったけど、残念だ。

 音楽も神経を苛立たせるような感じで好きになれなかったし、ダラダラ長くて途中眠くなったしね。

 こういうのが好きな人もいると思うので否定するつもりはないですけど、お勧めはしません。

 ディカプリオが好きな人は観ても損じゃないと思います、熱演(ちょっと熱すぎかも)してますから。

 それでも最後の終わり方は嫌いじゃないです。


 てことで、今年最初の低満足度となってしまいました・・ゴメンナサイ。


      満足度:★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/575-aea349c1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top