2010
02.25

東京タワー

Category:
 「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」 (リリー・フランキー/著)を読んだ。


 内容(「BOOK」データベースより)
母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。



 映画の方は既に公開時に鑑賞していて、好きな映画の一つとなっています。

 ドラマは見ていません、どうも見る気にならなくて・・

 で、やっと、原作を読みました。

 小説というよりはエッセイに近いのかなと思いました。

 子ども時代は面白おかしく、後半は感動的に、最後は泣きそうだったので移動中ではなく、部屋の中で読みました。


 親とは

 子とは

 幸せとは

 そして、東京とは・・


 考えさせられました。

 でも、かなりの親不孝ものの自分は、今のところ身動きが取れない状態です。

 すっかり兄夫婦に任せっきりになってます。


 それでも生きている間に、何かしてあげたいとは思っています。


 この本を読んで、そんなこんなを考えました。


 いつか、また映画を観直そうと思う・・
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/567-f1b8a50d
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2010.02.26 18:11 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2010.10.05 14:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top