2009
12.28

世界の中心で、愛をさけぶ

Category:
 「世界の中心で、愛をさけぶ」(片山 恭一/著)を読んだ。


 主人公は朔太郎という名の、地方都市に住む高校2年生。物語は、アキという名の同級生の恋人の死から始まる。そして生前の彼女との思い出を回想するように、ふたりの出会い、放課後のデート、恋人の墓から遺骨の一部を盗んだ祖父の哀しくユニークな話、ふたりだけの無人島への旅、そして彼女の発病・入院、病院からの脱出、そして空港での彼女の死までのストーリーが語られ、その中で朔太郎は自分の「生」の充足が、彼女との出会いから始まっていたことに気づく。アキの死から十数年が経過した今も粉状になった彼女の遺骨の一部を小さな硝子瓶に持ち続けていた朔太郎は、新たな恋人とともにアキとの思い出が詰まった郷里を訪ねる。そして「アキの死」が残したものの大きさを感じながら、ふたりがかつて一緒にいた郷里の学校のグラウンドで静かに骨を撒いた――。



 映画もドラマも見た後のせいか、特に感動することもなく、あっという間に読み終えました。

 オヤジが読む本じゃないかな、と・・

 10代か20代前半に読んだら、もう少し感動できたかも知れないと思った。

 交換日記の部分が、映画ではカセットテープでのやり取りに変えてあったんですね。

 より切なさが増した演出だったと思いました。

 なので、自分的には本よりもまだ映画の方が勧められます。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/544-ae18996d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top