2009
11.04

風が強く吹いている

Category: 映画
 10月31日(土)ユナイテッドシネマ豊島園にて映画「風が強く吹いている」を鑑賞。

 「さまよう刃」を観た後に、30分程待てば観られる作品がこれだったので、軽くオニギリを食べながら上映時間を待った。


 あらすじ: 高校時代に天才ランナーと呼ばれながらも、事件を起こして陸上から遠ざかっていたカケル(林遣都)。ひざの故障で陸上の道をあきらめた元エリートランナーにして、寛政大学陸上競技部のリーダーでもあるハイジ(小出恵介)は、そんなカケルを陸上競技部にスカウトし、ひそかに抱き続けていた箱根駅伝出場の夢を実現させようとする。


 まさしくこれこそが、爽やかな青春映画と云えるでしょう。

 寄せ集め10人が箱根駅伝を目指すお話で、奇跡といえば奇跡に近いかもしれないが、それを嘘臭くなく作ろうとしていて好感を持てました。

 それぞれのキャラ設定も面白いし、ある程度の説明もあった(できればもう少し掘り下げて欲しかったけどこれ以上時間が長くなるのもよくないと思うのでしょうがない)から飽きないで観られた。

 一番印象に残ったのが林遣都くんの走る姿の素敵なこと。

 人ってこんなに綺麗に走ることができるんだと感動すらしてしまいます。

 駅伝って団体競技だけど、走るときは一人な訳で、結局自分との戦いだけど、でも自分の為だけに走るんじゃないって事をちゃんと伝えてくれた気がしました。

 それに、走る事は人生に似ているって事も・・

 初日だったのに、思っていて程混雑していなかったので、できれば沢山の人に見て欲しい映画です!


     満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/517-95961b80
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top