2009
10.29

IWGP7

Category:
 Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉

 を読みました。
 
 自分が買う前に、バイト仲間が買っていたので(前に話した嵌った人)、貸してもらいました。


 今回も短編が4作。

 ・要町テレフォンマン

  振り込め詐欺を扱ったお話で、世間的には気になる題材ですよね。

  なかなか興味深く読みました。


 ・詐欺師のヴィーナス

  絵画商法を扱ったお話で、最近でもまだあるんですかね。

  実は、自分、この手の絵を買ったことがあるんです。

  もう十数年前なんですけどね。

  なので、全く他人事ではありません。

  あの時、傍にマコトが居てくれたら、自分の今の状況が違っていたかもなぁ・・

  そんな思いで読んでました、はい。


 ・バーン・ダウン・ザ・ハウス

  放火を扱ったお話で、自分の家に火を付けてしまった13歳の少年がその後立ち直るまでを描いています。
  これは泣いてしまいました。

  IWGPⅡの「少年計数機」以来にホロッとさせられた。


 ・Gボーイズ冬戦争

  IWGPⅠ以来のGボーイズ内紛を中心にしたお話で、マコトとタカシの友情に心が熱くなってしまった。

  こいつらが居る限り、池袋は大丈夫だろう。


 それにしても、まだこんなに楽しませてくれるお話を書き続けられる石田衣良氏に脱帽です。

 贅沢なお願いですが、これからも頑張って書き続けてくださいませ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/515-57e0c7e9
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2009.10.30 19:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top