2009
09.30

私の中のあなた

Category: 映画
 「私の中のあなた」

 8月7日(金)東商ホールにて鑑賞。


 白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。


 ハンカチ無しには観れない映画でした(泣;)。

 全体の1/3位は涙が止まりませんでした・・

 原作がベストセラー作品との事で有名らしいのですが、自分は全く知りませんでした。

 いきなり妹アナの独白から始まり、

 ”そんな可愛そうな境遇ってアリ?”

 と、ウルウルしだして、その後に姉の病気の大変さを見せられて、涙が、ダァーッと流れ出す。

 これまでに姉が体験してきた思い出話(楽しい事や幸せな事もあるんだけど)、を見ても、その後のことを考えると余計に辛く感じて、逆に泣けてきてしまった。

 そしてラストに近づいた辺りの、母親へのプレゼントで最高潮って感じ。

 こんな書き方をすると、ただの泣ける映画?って思われてしまうかもしれないが、かなり深い話です。

 考えさせられます。

 また観たいです!

 
 間違いなく、この秋、必見の映画です!!

 覚悟して観て下さいね。

 
     満足度:★★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/500-a31661eb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top