2009
04.15

デュプリシティ

Category: 映画
 4月14日(火)東京厚生年金会館にて試写会
 「デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~」を鑑賞。

 この日も試写会がダブり(もう一方は「GOEMON」)、「デュプ・・」に決めましたが、「GOE・・」は明日の試写会も当たっているので迷わずに済みました。

 傘をささなくても良い位の雨だったので少し安心して会場に向かった。

 20分位時間があったので、何時も行けずにいた(試写会終わりに行くと閉店しているため)ラーメン店「大勝軒 十五夜」に初めて行った。

 ラーメン(大)650円を注文し、時間を気にしながら食べた。

 魚介風味の自分好みの味で、麺も太めのモチモチで美味しかった

 時間のある時に今度はつけ麺を食べてみたいなぁ、などと思いながら何とか時間ギリギリに会場入りし、2階席に行くとなかなかの入りのようでした。

 
  以前イギリスのMI6所属の諜報員だったレイ(クライヴ・オーウェン)は、フリーランスの産業スパイに転身する。彼はニューヨークでトイレタリー用品の新興企業エクイクロム社のために、宿敵B&R社を探るスパイ・チームの一員として働いていた。そこでライバル社に潜入中の情報提供者クレア(ジュリア・ロバーツ)と接触しようと試みるが……。(シネマトゥデイより)


 いやー、今日も眠かったなぁ

 ラーメン食べたせいなのか?(関係無いだろ)集中出来なかった。

 そもそも現在と過去を行ったり来たりしすぎだと思うよ。

 何がホントで、何が嘘なのかを説明するためのようだけど、それにしても、ねぇ・・

 こういうのが好みの人も居るんだろうけど、それ程驚くどんでん返しでも無いし、特別スリリングでもサスペンスでも無く、コメディでも無い(オープニングの社長同士の喧嘩は面白かった)。

 会社同士のスパイ合戦だから現実味があって、役者さん達も良かったんだけど、残念としか言いようがない。

 ジュリア・ロバーツが好きな人は、気楽に眠くない時に見て貰えれば楽しめると思います。


    満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/473-26232270
トラックバック
 この映画は、試写会で観ました。 監督:トニー・ギルロイ出演:ジュリア・ロバーツ
デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく(2009年、アメリカ) dot 泉獺のどうでも映画批評dot 2009.04.20 21:39
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top