2009
04.14

レッドクリフ PartⅠ

Category: 映画
 TV放送された「レッドクリフ PartⅠ」を録画して見た。

 「・・PartⅡ」を観てから(笑)なので微妙な心況だけどしょうがない・・


  はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだったが……。(シネマトゥデイより)


 ”赤壁”と思って見た人は、起こったかもしれないなぁ。

 人物紹介と赤壁の戦いが始まろうとする所で終わってるんだから・・

 「・・PartⅠ」「・・PartⅡ」というよりは「・・前編」「・・後編」の方が良いでしょう(大差無いか?)

 「・・PartⅡ」を観てから「・・PartⅠ」を見た自分の立場から言えば、”あのシーンがあそこに繋がるのか”、と納得する部分があって復習している気分になった。

 とは言えやっぱりⅠを観てからⅡを観なきゃダメですね(当たり前か・・)。

 Ⅰでは、各武将がそれぞれ活躍するシーンがあるし、戦いのシーンも”魅せるアクション”といった感じで格好良いし、武骨な所だけじゃなくラブシーンもあるし(必要無いって気もしないでもないが・・)、飽きないで見る事ができました。

 でも、”三国志”として観ない方が楽しめると思うなぁ。

 ”三国志”を知らない自分が言うのもおこがましいですが・・

 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/472-ff60e762
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top