2009
01.06

2008年の映画を振り返る

Category: 映画
 2008年に映画館及び試写会で観た映画について簡単にまとめたいと思います。

 昨年に観た映画が72本でした。

 (内訳) ・映画館:28本
       ・試写会:44本(来年公開作2本含む)

 最近にしては観た方だと思いますが、たまたま試写会に当たったのが多かった為なのでしょう。

 それでも見逃した映画の多いこと。

 中でも「ダークナイト」を観られなかったのは非常に悔しいです。

 観ていたら、きっと洋画№1になっていたはずだから・・

 
 それでは、洋画から行きますか。

   ・洋画ナンバー1:「最高の人生の見つけ方」
   ・洋画ワースト1 :「地球が静止する日」
 ナンバー1は、やっぱり役者2名の演技に尽きると思います。
 孤独な自分としては、こんな風な人生の終わり方をしてみたい(まぁ無理なんだけど)と思わせてくれたところが良かったかな。
 候補作としては「ラースと、その彼女」「ブロードウェイ♪ブロードウェイ・・・」「さよなら。いつかわかること」「奇跡のシンフォニー」といったところです。
 ワースト1は、ブログでもう書き込みした通りなので、言う事はもうありません、というか言いたく無いです。対抗には、「クローバーフィールド」で次に「ネクスト」でした。

 次に邦画です。

   ・邦画ナンバー1:「おくりびと」   
   ・邦画ワースト1 :「リアル鬼ごっこ」

 ナンバー1は、文句無しですね。2回観て、より好きになりました。原作物が多い中、オリジナル脚本でここまでの作品を作ってくれた事も喜ばしいです。候補作は「アフタースクール」でこちらもオリジナル脚本でした。他には「ブタがいた教室」「ラストゲーム・・」といったあたりです。
 ワースト1は、お金を払って観た事を後悔してしまったからですね。まだ原作の方が評価出来るかなと。パラレルワールドの設定が私は納得出来なかったものですから。
候補作は「空へ-救いの翼-」「L change the World」でした。どちらも試写会だったので、まだ許せたんですよ、それだけの差だと思います。
 
 
 と、まぁ、簡単に振り返ってみましたが、見逃した作品の中にこそ最高、最低の作品があったと思っていますので、あくまで”へぇー、そう・・”みたいな感じで気に留めておいてもらえれば幸いです。


 最後に、今年の日本アカデミー賞で「おくりびと」が作品賞を受賞することを期待しております!
スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/425-ce180c18
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top