2008
12.30

地球が静止する日

Category: 映画
 12月29日(月)新宿バルト9にて映画「地球が静止する日」を鑑賞。

 登録会社に顔を出した後、時間があったので待たずに観られそうな作品がこれだったので、前売り券を購入してから指定席券に替えて、ホットドックを買って会場入り。

 2週間連続興収№1の作品の割りには空いている気がしたが、ゆっくり観られそうだ。

 予告の前にオマケのアニメが10分程上映されたが、観るともなくホットドックを食べる事に集中した。

 
 任務遂行のために地球へとやってきた、宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)。クラトゥの謎を解き明かすべく政府や科学者はやっきになる中、今訪れんとする危機に気付いたのはヘレン(ジェニファー・コネリー)と息子(ジェイデン・スミス)だけだった。(シネマトゥデイより)


 いやー、ここまで面白くないとはねぇ・・

 ある程度予想はしていたけど、予想外にも程がありますよ、ホント。

 あの「フォーガットン」に並ぶ勢いでしょうか。

 数々の人が書き込みしてますが、ホントに観客が”静止”してましたよ。

 あの”物体”がサーッと無くなっていくシーンをスクリーンで堪能したくてお金払ったのに、予告編だけ観れば良かったんだねと思ってしまった。

 でかいロボットみたいなものが”あんなもの”になるなんてねぇ・・

 キアヌくんは”地球を救いに来た”って言っていたけど、地球は宇宙の何処かに管理されているのだろうか。

 要は人間以外に地球が滅ぶと困るところがあるって思ってしまったんだけど、違うかな・・

 現実的に、このままだと地球は滅んでしまうんだろうから、変わらなければいけないのはみんな分かってる事なんだから、じゃあどうすればいいのかを少しでも感じさせて欲しかったのに、何も無く終わってしまった。

 観た人が考えろっていう事?

 なら観なくても一緒じゃなかろうか・・

 
 今年は「クローバーフィールド」が最低映画かと思っていたら、最後の最後にやってきたんだね。


      満足度:★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/423-5d7536bb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top