2008
12.24

グラスホッパー

Category:
 「グラスホッパー」(伊坂幸太郎/著)。


 妻の復讐を目論む元教師「鈴木」。自殺専門の殺し屋「鯨」。ナイフ使いの天才「蝉」。3人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!


 結構ハードボイルドタッチの内容でした。

 次々に死んでいくのが悪い人だからそんなに嫌じゃないけど、描写が細かいので、想像してしまうとかなりグロく感じられて気持ち悪くなりそうだった。

 何より色んな”殺し屋”と呼ばれる人達の設定が面白かった。

 そしてやっぱり読みやすかった。

 ただ、こんな人達が現実に居たら、安全な場所なんて無いんだろうなぁ。

 あぁ、嫌だーぁぁっ、怖すぎるぞーぉぉっ・・・

 
 ひとつ気になったのが、新聞配達員が操り人形だったという古い映画の話が出てくるが、その映画を見てみたいと思った。

 
 次の伊坂作品は「魔王」を読む予定・・
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/418-af4fab21
トラックバック
今日は、伊坂幸太郎『グラスホッパー』を読みました。 面白い、と聞いていたのになかなか見つからなかったのですが、やっと読めました。 『グラスホッパー』、なかなか面白かったです。 殺し屋たちのストーリーです。 いやぁ伊坂幸太郎の文体は凄いなぁと思いま...
読書メモ『グラスホッパー』 dot 自由の森学園図書館の本棚dot 2009.01.22 22:04
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top