2008
09.24

デス・レース

Category: 映画
 9月22日(月)スペースFS汐留にて映画「デス・レース」の完成披露試写会に参加。

 バイト明け後、帰宅して少し眠ろうかと横になるも、全く眠れぬまま試写会場に出掛けた。

 入場時、プレスシートを頂いて、ちょっと嬉しかった。

 最近はなかなか貰える物じゃないですから・・

 平日14時上映にも関わらず、半分以上の席は埋まっていました。

 完成披露試写会の割りには、特にゲストなども無く、アナウンスがちょっと流れただけで静かに上映が始まりました。


 2012年のアメリカ。そこではスーパーボウルを上回る熱狂的な人気を博すレースが存在していた。
 それは、死のレース。流血とスピードと破壊が、大衆を興奮に導く。
 サーキットは、四方を海に囲まれたターミナル・アイランドと呼ばれる脱獄不可能の刑務所。
 レーサーは服役中の凶悪犯。車は特殊武装が施された走る兵器。
 3つのステージを勝ち抜き自由を手にするのは、一体誰なのか!(招待状の解説より)
 


        メイン画像---1


       ■公式サイトURL : デス・レース

        11/29(土)、有楽座ほか全国ロードショー


 民営化された刑務所内で行われ、ネットで生中継し視聴率が上がれば収入も増えるそんなレースは ”負け”イコール”死”を意味する。

 車が破壊されたり囚人が死ぬシーンは、”そこまでやる?”と思ってしまうところもあり、そういうのがダメな人にはちょっとキツイかも。

 でも死ぬ人は極悪人なので、そんなに気の毒にも思わないから、”もっとやれー”って盛り上がる。

 また、刑務所長が嫌な女(ジョアン・アレン『ボーン・アルティメイタム』)で、何とか懲らしめたいと観ていて思ってしまうくらい。

 主演のジェイソン・ステイサムは、こういう役が似合ってて良いっすねぇ。

 結果、迫力ある映像と音響に圧倒され、観終わって割とスッキリした気分になれた。

 『デス・レース2000』(ロジャー・コーマン監督作品)のリメイクとの事ですが、元の作品を知らずに観ても楽しめたので、その辺は心配無いでしょう。

 たまにはストレス発散映画もいいものでした。


     満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/379-62b3b5dd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top