2008
04.22

ヒットマン

Category: 映画
 4月21日(月)、新宿オデオン劇場にて映画「ヒットマン」をバイト明けに鑑賞。

 自分ではゲームというものを殆ど(最近はあまり打てなくなったパチスロくらい)やらないので、映画の元になったビデオゲームの事は知りませんが、結構な人気ゲームとの事。

 まあ「レオン」に似た感じの作品だと良いな、くらいの気持ちで観に行った。

 ティモシー・オリファント扮するエージェント47(坊主頭で後ろ側にバーコードが印刷されている)は、孤児を集めて殺し屋を育成する組織で育ち、依頼された仕事を完璧に行う殺し屋になっていた。

 そして今回依頼されたロシア大統領暗殺も完璧にこなしたはずだった。

 なのに、ロシア大統領が顔に絆創膏みたいなのを貼ってテレビに映っている。

 その後、組織から狙われる事になってしまい、ロシア大統領の娼婦だったニカ(次作「007」ボンド・ガールのオルガ・キュリレンコ)と逃亡しながら、組織への復讐を行ってゆく・・・、という話。


 兎に角、坊主頭が目立ってしょうがないと思うんだけどなぁ。

 変装してもあんまり頭は隠さないんだよなぁ。

 ガンアクションは勿論、坊主頭同士の2刀流なんかもあって、割と派手な感じかな。

 47役の人は、以外に格好良く見えたけど、悪役向きの顔じゃないかな。

 娼婦役の人は、結構タイプかもしれない。体も綺麗だったし。

 残念ながら、「レオン」のような感動は無かったし、最後の方で疑問な所もあり、ちょっと納得いかなかったけど、まあ93分間楽しめました。

 
   満足度:★★★


 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/293-bbdb7869
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top