2008
02.08

L change the WorLd

Category: 映画
2月7日(木)東京国際フォーラム(ホールA)にて「L change the WorLd」のジャパンプレミアに参加しました。

 バイト仲間とビックカメラ横で18時30分に待ち合わせしたが、時間が過ぎてもやって来る気配が無い。
 道に迷ってるのかなと思いながらも、彼のケイタイは料金未納で止まっている状態だから連絡取れない・・こんな時に限って、ねぇ。
 18時52分まで待ったけど現れないので、しょうがなく一人でホールに向かう。
 入り口で指定席券を渡され、エスカレーターを何度か乗継ぎホールの中に入る。
 うわー、殆ど最後尾に近い席で、通路側の女性2人が通せんぼしてたので、誰も周りに居ないそのまた後ろの席に座る事に。
 時間は18時59分。
 殆ど待たずに、女性司会者が現れ、松ケンくんの名前を呼んだ。

 女性たちの大きな声援の中、現れた、と思ったら見えなくなった。
 でも、”きゃーっ、キャーッ”と長い間、声援は止む事が無く、私の席からは何をやっているのか全く分からなかった。
 どうやら、松ケンくんはファンにサインをして回ってるらしかった。
 それにしても凄い人気なんだね、松ケンくん。
 男の自分には何処が良いのか分かりません・・(申し訳ない)。
 だから自分はもてないんだろうけどね。

 10分位経ったろうか、やっと舞台に上がってきて、その他の出演者と監督(計10名)が揃ったところで、挨拶が始まった。

 この様子は、yahoo映画のレビューで記事を書いている人がいたので、興味のある方はそちらを御覧になってくださいませ。

 この挨拶が終わって、映画が上映されたのが、19時40分過ぎだった。
 あーあ、”これでバイトに間に合わないなぁ”、なんて思いながら見始めました。

 上映時間2時間9分。
 殆どの人が最後まで席を立ちませんでした。
 自分は急ぎたかったので、エンドロールを出入り口付近で立って見てました。
終了と同時に拍手が起こった。
 その瞬間に自分はダッシュ!
 東京メトロ銀座駅に向かった。
 結果、いつもより10分遅れでバイト入りだった・・

 うーん、「デスノート」というより、”L(エル)”のお話です。
 簡単に言うと、”L”が死ぬまでの23日間に、ウイルステロと戦う内容です。
 お話的にはそんなに面白いと思えなかった。
 行動的な”L”を見守っていたっていうカンジかな。
 どんどん「デスノート」から離れていって、旅立ってしまった。
 
 さよなら、”L”・・・


 満足度:★★☆

 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/251-1d210d6c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top