FC2ブログ
2020
02.26

1917 命をかけた伝令

Category: 映画
 2月22日(土)新宿ピカデリーにて映画「1917 命をかけた伝令」を割引クーポン鑑賞。
    DSC_0029_copy_360x480_2020030504352181e.jpg

 第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門でノミネートされ撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した本作品。

 どれ程のものなのか気になっていたので、バイト明け後朝一8時40分上映回に入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。


 正に”命がけの伝令”でした。

 どのように撮影されたのか分からないが、1カットに感じる撮影が凄いし、それ故の緊迫感が半端ない。

 自分がまるでスクリーンの中にいて体感している気になってしまいます。

 そして自分も、スコフィールドと同じように”何故誘った”と、ブレイクに詰め寄ります、どう考えても成し遂げられないだろうから・・

 なので、頑張れ、と応援するぐらいしか出来ません、特にラストのランニングのシーン(皆さん「フォレスト・ガンプ」思い出していたようですが・・)は胸アツです。


 戦争映画と思って観に行ったら物足りなく思う人も居るでしょうが、自分は観る価値ありだと思います。

 
      満足度:★★★★
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1324-638d5fdf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top