FC2ブログ
2020
02.19

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Category: 映画
 2月15日(土)TOHOシネマズ府中にて映画「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」をポイント鑑賞。
    DSC_0029_copy_360x480.jpg
 バイト明け後、府中に移動、朝一8時20分上映回に入場、お客さんは15人程でした。

 特別観たかった訳ではありませんが、上映時間が丁度良かったので選択しました。

 こちらの劇場は初めての入場ですが、何故か”リステリン”の小瓶を貰いました。


 あらすじ:85歳の誕生日を迎えた世界的ミステリー作家のハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、その翌日に遺体で見つかる。名探偵のブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、匿名の依頼を受けて刑事と一緒に屋敷に出向く。ブランは殺人ではないかと考え、騒然とする家族を尻目に捜査を始める。


 いやー、楽しい時間でしたね、ミステリー作品、面白かったです。

 早々にどうやって作家が亡くなったのか分かってしまうんですが、その後裏で何が行われていたのかが、少しづつ明かされていきます。

 作家の家族達は、事情聴取に嘘の話をし(本当のことは映像で流す)、専属看護師は嘘をつくと吐いてしまうという分かりやすい体質。

 家族達はそれぞれに動機を持っているが殺人を行うにはちょっと弱い、でも胡散臭い人達。

 実は、専属看護師、作家が亡くなるところを知ってるんです。

 でも、隠された真実が・・・

 専属看護師役のアナ・デ・アルマスさん、何処かで見たことのある可愛いお顔立ちだなぁ、と鑑賞後に確認したら「ブレードランナー 2049」に出ていた女性だったんですねぇ。

 この人を観ただけでもう満足でした、自分は(笑)。

 でも、探偵役のダニエル・クレイグは必要だったのかなぁ、違う人でも良かった気がしますが、クリス・エヴァンスも含めて、観客を呼び込むためには必要だったんでしょうね。

 あと、邦題が分かりずらいですね、きっと損してますよ、観に行こう!って気になかなかならないと思いますから。


 伏線も効いているし、笑えるシーンも多いので、気になった方は是非ご鑑賞下さい!


       満足度:★★★★
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1323-02f01b69
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top