FC2ブログ
2020
02.17

AI崩壊

Category: 映画
 2月10日(月)MOVIX亀有にて映画「AI崩壊」をモーニングファストショー鑑賞。
    DSC_0023_copy_360x480.jpg
 SMTメンバーの割引クーポンが期限切れになってしまったので、モーニングファストショーでクーポンを貰おうと、バイト明け後、亀有へ。

 8時45分上映回に入場、お客さんは20~30人程でした。


 あらすじ:天才科学者の桐生(大沢たかお)が開発した医療AI「のぞみ」が、国民の膨大な個人データを基に、人間を選別し殺りくを始める。人々がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定された桐生は逃走を図るが、警察のAI監視システムによって徐々に追い詰められていく。一方、桐生の義弟で「のぞみ」を運営する企業の代表を務める西村(賀来賢人)は、事態の収束に動いていた。


 いずれ”AI”に支配される時代が来るだろう、的な映画は沢山作られてきましたが、本作は特に目新しい内容では無かった。

 というか”AI”とは呼べないのではないか、とさえ思った。

 単純に、そう仕向けるべき作られたプログラムに支配されたに過ぎませんね。

 色んなデータを読み込ませて、如何にも”AI”が勉強して判断したように見せただけに思えました。

 ”のぞみ”は「HUMAN LOST」の“S.H.E.L.L.”体制を連想させるもので(ここまで万全ではないが)、未来はこういう方向に向かうだろうと思わざるを得ないと再認識しました。

 ただ、全てが”AI”に支配されてしまったら、人間の未来は明るく無い気がします。

 何て、色々考えながら観ていましたが、2030年にここまでの環境は整わないだろうし、舞台設定が未来的に見えず2020年そのままのように見えました。

 色んな伏線があり、収拾されてはいますが、無理やり感は否めません。

 ただ、演じる役者さん達に罪はありません、特に体を張った大沢さんには・・


 考えさせられたし、詰まらない訳でも無いと思うので、気になった方は観ても良いかと。


       満足度:★★☆
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1322-472511b0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top