FC2ブログ
2020
01.09

尾崎豊を探して

Category: 映画
 1月3日(金)TOHOシネマズにて映画「尾崎豊を探して」をムビチケ鑑賞。
    CENTER_0001_BURST20200103190736759_COVER-360x480.jpg

 本作品は2週間限定ロードショーとのことで、当日料金2500円の特別料金となっております。

 自分は事前に(高いなぁと思いつつ)ムビチケ2200円を買っていました。

 尾崎との出会いは確か自分が22か23歳の頃、「カップヌードル」のCMで”「シェリー」”を聴いたのを切っ掛けに、レコードレンタル(YOU&Ⅰ)でアルバム(ファーストとセカンド)を借りてカセットテープに録音し聴き始めました。

 当然のごとくハマりました、これが十代だったら、もっとのめり込んだことでしょう。

 そして、1992年4月25日に26歳で亡くなってしまいました。

 自分の誕生日の3日後ですから、その後は誕生日が来るたびに、尾崎を偲ぶことになりました。

 残念ながらライブには行ったことがないので、今回のドキュメンタリーは楽しみにしていましたよ。

 19時10分上映回に入場、お客さんは50人程でした。


 あらすじ:「卒業」「I LOVE YOU」など数多くの名曲を生み出し、26歳の若さでこの世を去ったシンガー・ソングライター、尾崎豊。東京・新宿で行った初ライブをはじめ、大阪球場(大阪スタヂアム)、国立代々木競技場でのライブパフォーマンス、さらにはプライベートの様子など、貴重な映像を通じて尾崎豊をひもとく。


 始まって間もなく、”何じゃこりゃあぁぁ・・”な編集に愕然とすることに。

 歌の途中でぶちぶちと切ってはインタビュー映像と独白が流れ、と、何度か行われる。

 ”それ、流れてる曲と何か関係あるの?”

 と勘繰り、曲に集中出来ないんですけど。

 あと、イメージ映像的なものが何度も使い回され、これにも、思考を持っていかれる始末。

 我慢して観ていると、30分過ぎくらいに4人程のお客さんが退場。

 ”あぁ、我慢出来なかったんだねぇ”と、同情しながらも、耐えている自分に嫌気がさしてくる。

 楽屋での笑っている姿など、初めて見る映像にはちょっと嬉しくもあったが、この映画で尾崎を”探して”も、迷路に迷い込むか、途中で探すのを諦めてしまうだろう。


 これでは確かに”金儲けに使われたな”、と言われても仕方無いのかな、と。

 観終わって階段を降りている自分の後ろを歩いていた若者が一言、

 ”クソだな”

 と、吐き捨てました。


 今度の休みに、尾崎のライブDVDを”探しに”行きます!


      満足度:★
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1319-c4d7e13d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top