FC2ブログ
2019
03.19

君は月夜に光り輝く

Category: 映画
3月16日(土)新宿ピカデリーにて映画「君は月夜に光り輝く」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20190316_083928.jpg
 バイト明け後朝一8時45分上映回に入場、お客さんは45人位でした。

 原作は未読です。


 あらすじ:高校生の渡良瀬まみず(永野芽郁)は、死が近づくほど肌が強く光る“発光病”を患っていた。発光病の患者が成人まで生存した例はなく、彼女は病院から出られない。まみずの同級生の岡田卓也(北村匠海)は彼女の願いを実行し、感想を伝えることにする。その“代行体験”を通じてまみずは人生を楽しむようになり、卓也は彼女のことが好きになっていく。


 「俺物語」での芽郁ちゃんが可愛かったので、本作品もそれ目当てで観ました。

 病気に関しては全く知識が無いので何も言えませんが、こんな狭い範囲で二人も居るのかと、ちょっと??。

 まみずは余命ゼロということで、生きる事を諦めているようにみえるし、卓也は姉の死(自殺か事故か分からない)によって生きる意味を見失っているようにみえる。

 そんな二人が出会い、”代行体験”によってお互いに好意を寄せ、人生の一瞬の輝きを生きる。

 人によっては、まみずは只の我儘女にしか見えないかもしれないけど、自分はそんな風には感じなかった。

 確かに、自分が代行させられたら遊園地に一人では行けないですね、バンジーより無理です。

 そういう意味では我儘に思えなくもないが、終盤に描かれる”代行”シーンを見たら、そんな思いは吹き飛んでしまうだろう。

 全くスマホなんていう便利な物のお蔭ですよね。

 観終わったとき、悲しいというよりも、むしろ前向きに生きていこうという気持ちになれましたね。

 出来れば綺麗な満月をもう少し観たかったかな。


      満足度:★★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1279-3c2635ee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top