2007
02.14

先週のレンタルDVD Ⅱ

Category: 映画
 2本目「16歳の合衆国」(米映画)。
 主人公の16歳の少年が彼女の弟(知的障害者)を刺し殺してしまうところから始まり、少年に関わる色んな事や事件に至る理由などが、明らかになっていくお話のようですが、残念ながら何度やってもチャプター10(約1時間過ぎたあたり)以降パソコンが固まって見ることができなくなってしまい、断念しました猫 泣き
 自分好みの作品だったので非常に残念です・・

 3本目「約30の嘘」(邦画)。
 舞台は電車内で出演者6人だけのコンゲームのお話と思っていたので、結構期待していたけれど、ちょっとガッカリ↓
 詐欺師というよりは、ただの嘘つきの集団でしょ、これじゃあ。
 台詞でクスッっと笑えるところがあるくらいで、後は気に入った役者さんを見て楽しむしかないですね(伴杏里ちゃんの演技はいただけないけど)。
 お決まりのどんでん返しも特に無いし、残念です。
 映画よりも舞台向きの内容だと思いました。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/125-5243ab94
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top