FC2ブログ
2018
05.08

パシフィック・リム:アップライジング

Category: 映画
 5月3日(木)新宿ピカデリーにて映画「パシフィック・リム:アップライジング(2D字幕版)」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20180503_080934.jpg
 今日から3連休と言うことで、バイト明け後朝一8時10分上映回に入場、お客さんは22人程でした。

 本当は「ペンタゴン・ペーパーズ・・」が観たかったけど混んでいたので、こちらを選択しました。


 あらすじ:巨大兵器イェーガーを駆使する人類とKAIJUたちとの激闘から10年。今は亡き英雄ペントコストの息子でイェーガー・パイロットとしての活躍を期待されていたジェイクは、環太平洋防衛軍(PPDC)を去って違法なイェーガーのパーツ売買を行っていた。だが、戦地からイェーガーのパーツを盗んでいたアマーラと共に逮捕され、PPDCのパイロット養成施設へ送られる。そこで彼は義姉のマコ(菊地凛子)に命じられ、イェーガー・パイロットの候補生の教官を務めることになる。

 ギレルモ・デル・トロ監督作品じゃない時点で残念な結果になるだろうと予想はしていたけど、本当にそうなってしまうとは。

 お話も、ここまで無理くり作らなくてもよかったんじゃないの?っていうレベルなので、何かモヤモヤした気持ちのまま終盤のバトルを迎えることに。

 前作からの登場人物もそうだけど、新キャラの扱いが浅いというか大事に描かれていない感じがした。

 結局、見所は”KAIJU”とのバトルだけ、となるのだけれど、何故か前作のイェーガーと違って重量感が感じられなくて残念なんです。

 然も、舞台が日本の”東京”と呼ばれる場所なんですが、どう見ても”東京”感ゼロで、逃げ惑う人々は中国人だけ。

 そして、背景には”富士山”?が、デン、と聳えてます、って近すぎだろ。

 お金掛かってるんだから、ロケハンくらいはちゃんとやってよ、と言いたくなる。


 そして、まだ続ける気か、って予感がしてしまう終わり方でした。

 デル・トロ監督がやってくれるなら良いけど、そうじゃなかったら、他の作品でやって、って思いますよ。


      満足度:★★☆





 P.S. この後、東京V vs 金沢 戦を味スタに観に行きましたが、1-4 の大敗でした。

    個人的な”無敗”記録も遂に終わってしまった・・・
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1204-0f6a5028
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top