FC2ブログ
2018
03.19

去年の冬、きみと別れ

Category: 映画
 3月17日(土)新宿ピカデリーにて映画「去年の冬、きみと別れ」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20180317_080043.jpg
 原作は未読だけど気になっていたので、バイト明け後朝一8時00分上映回に入場、お客さんは30~40人程でした。


 あらすじ:松田百合子(山本美月)と婚約しているルポライター耶雲恭介(岩田剛典)は、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン木原坂雄大(斎藤工)のスクープを狙っている。この事件は世間を大きく騒がせたが、真相はわかっていなかった。耶雲は事件を解明しようと奔走するが、百合子が木原坂の標的になり……。


 ”すべての人がこの罠にハマる” とか ”全編罠だらけ、予測不能サスペンス”など、

 こんな挑戦的なコピーを載せた時点で、疑り深く観る事になりますよね。

 そして、”第二章”から始まるし・・

 ってことは、後で種明かし的な”第一章”が・・、ってなるでしょうねぇ。

 客観的に見たら、あんなに上手く事が運ぶのか、甚だ疑問だけど、

 当事者にしたら”騙された”と驚愕するんだろうなぁ。

 事件に関係する人達が、皆、普通じゃないから、感情移入も出来ず、復讐したい気持ちは分かるが、遣ってることは結局一緒だし、正直、後味は良くない。

 あの後どうするのか、どうなるのか分からないまま終わってしまったので、何らかの責任を取るなりしてくれないと、納得できないです。
 
 脇の役者(斉藤くん、北村くん、浅見さん)さんたちに較べると、主演(岩田くんと山本ちゃん)の演技が、ちょっとねぇ、残念です。


 万人受けするとは思えないけど、まぁ、気なった人は観てもいいのでは・・


       満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1196-736cbaf5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top