FC2ブログ
2018
02.02

祈りの幕が下りる時

Category: 映画
 1月30日(火)新宿ピカデリーにて映画「祈りの幕が下りる時」を割引クーポン鑑賞。
    IMG_20180130_081431.jpg
 バイト明け後、朝一8時25分上映回に入場、お客さんは30人程でした。

 一応、TVドラマから映画まで一通り見ていますが、本作の原作は未読です。


 あらすじ:滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査一課の刑事たちが担当するが、捜査は難航する。やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、近くで発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が記されていることを発見する。そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……。


 最後の”新参者”とのことで、加賀恭一郎の両親の本意が明らかになり、何故、”マザコン”加賀が日本橋署に居続けたのかも。

 母親に対してですが、家を出た理由をせめて手紙とかで告白しておけば良かったのではと思ってしまったのは自分だけなのか?

 加賀一家も不幸ではあったけれど、それよりも、浅居博美の家族は悲惨そのもので、それもこれも母親のせいだ。

 彼女と父親が余りにも不憫で、もう・・・

 昔はこういう話が多かったけど、最近聞かなくなりましたよね。

 これ以上はネタバレしそうで書けませんが、色んな意味で加賀に関係深い事柄が多いため、加賀の視点からでないとこの事件は解決できなかったのでは、と思いました。

 
 エンドロールには、今まで出演した人達が出てきて、”これが最後”感をより煽り、JUJUの歌も相まって、淋しさをより募らせました。

 役者さんは、春風亭昇太さん以外は良かったです。


      満足度:★★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1184-502196ec
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top