2017
10.10

ナミヤ雑貨店の奇蹟

Category: 映画
 10月7日(土)新宿ピカデリーにて映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20171007_081605.jpg
 バイト明け後の朝一8時20分上映回に入場、お客さんは34人程でした。

 原作は既読です。


 あらすじ:2012年、古くからの友人たちと悪事をした敦也(山田涼介)は、かつて悩み相談を請け負っていた「ナミヤ雑貨店」に身を隠す。敦也は廃業しているはずの店の郵便受けからした音に気付き調べてみると、32年前に書かれた悩み相談の手紙があり、さらに郵便受けは1980年につながっていた。三人は困惑しつつも店主に代わり返事を書くと、また手紙が投函され……。


 ”東野圭吾史上、最も泣ける感動作”と言われている原作を読んだ時点で、

 いや、そこまで泣けませんけど、と思ってしまいましたが、皆さんはどうなんでしょうか?

 他にもっと泣ける本が東野さんにはあると思うんですけど・・

 と、まぁ、それは置いておいて、そんな状態なので映画も期待はしていませんでしたが、予想通りな感じでした。

 まず、原作に無いシーンが幾つかあり、その全てが、”必要ある?”って思えてしまいました。

 路面電車と三人組のシーンとか、西田敏行さんと成海璃子ちゃんのシーンとかですよ。

 ファンタジーなら、何でもありって感じで、でもそれって違うんじゃねぇ、ってね。

 然も、間延びしてるシーンが多く、テンポも悪いから、上映時間(129分)より長く感じてしまった(原作はもっと長いのにテンポ悪くないよ)。

 「REBORN」については、原作を読んだときにイメージした感じと違うけれど、山下達郎さんの曲はとても良かったのに、それを歌う若者二人が台無しにしてしまったかな、と残念でなりません。

 
 多分、原作未読で観た方が感動できたのではないかと思われます。


      満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1153-c28f0608
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top