2017
06.26

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

Category: 映画
 6月24日(土)TOHOシネマズ日本橋にて映画「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」をシネマイレージウィーク料金で鑑賞。
    IMG_20170624_092849.jpg
 原作もTVアニメも見ていない真っ新な状態なので不安はありましたが、今日から一週間1100円(シネマイレージ貝(会)員だけ)なので、朝一9時30分上映会に入場、お客さんはキャパ400席に半分も埋まって居なかった(130人前後位かな)ようでした。

 入場者プレゼント貰いました↓
    IMG_20170626_025922.jpg


 あらすじ:魔法が技術として確立し、社会に広く浸透している世界。魔法科高校と呼ばれる国立魔法大学付属第一高校に通っている劣等生の兄・司波達也とその妹で優等生の深雪は初めての春休みを迎え、仲間と共に小笠原諸島にある別荘でバカンスを過ごすことに。豊かな自然に囲まれる中で羽を伸ばす達也たちの前に、九亜という国防海軍基地から脱走してきた少女が現れる。そして彼女からある願いを告げられ……。


 確かに、出てくる人達の関係性が分かっていないので、戦ってるけど知り合いなのか?とか、誰がどういう魔法を使えるのかとか、当然何の説明も無いし、”劣等生”な部分も感じられなかった。

 魔法を使っていない生徒が多かったから、そう感じたのかも知れないけど、賑やかしに出てきただけなら意味無いよなぁ。

 まぁ、春休みの設定だから、今までと2年生になってからのお話の繋ぎ的なものかと思っていたら、そうでもないらしい。

 TVアニメしか知らない人にも分からない部分があるらしいし、魔法を使うシーンも少なく、期待外れというレビューも多いですね。

 なら、自分としては”お兄さま”は強ぇなあぁ、ってことが分かっただけでも観た価値はあったのかな、って思いました。


 この先もアニメ化されるんだろうから、後々のためにTVアニメのDVDは観ておこうかな、ってところです。


     満足度:★★☆
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1131-a2caeb59
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top