2017
06.22

LOGAN/ローガン

Category: 映画
 6月20日(火)TOHOシネマズにて映画「LOGAN/ローガン(2D字幕版)」をシネマーレージデー鑑賞。
    IMG_20170620_091150.jpg
 「X-MEN」シリーズの作品は観るようにしているので、朝一9時20分上映回に入場、お客さんは6人でした。


 あらすじ:近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)に、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は最後のミッションを託す。その内容は、ミュータントが生き残るための唯一の希望となる少女、ローラ(ダフネ・キーン)を守り抜くことだった。武装組織の襲撃を避けながら、車で荒野を突き進むローガンたちだったが……。


 「X-MEN」シリーズというよりは「ウルヴァリン」シリーズ3作目の位置付けのようですね。

 舞台はミュータントがほぼ絶滅したと言われている2029年。

 ローガンは運転手をしながら生活費を稼いでいるが、自分の車を盗もうとしている若者たちと対峙したとき、ローガンが一方的に殴られ蹴られるファーストシーンを見て、悲しくなってきた。

 とはいえウルヴァリンとなってやっつけはするが、老いぼれた姿に心が痛む。

 さらに、生活の中で老眼鏡を掛ける姿は笑えないジョーク”ローガン=老眼”となり、こちらの目まで霞んでしまいそうだ。

 それに輪を掛けて、プロフェッサーXにおいては、もはやボケ老人寸前か?と思われる程、要介護の落ちぶれようである。

 そこに現れた謎の少女・ローラ、この3人がローラの追っ手から逃がれるロードムービーのごとくお話が進んで行く。

 あたかも、祖父、父親、娘、3人家族のようだ。


 あぁー、こうやって思い出すだけでも、ヤバイ泣けてくる・・

 
 R15+指定なので、首が飛んだりするのは覚悟の上、描写以上に内容がいぶし銀なので大人向きってことですね。


 ウルヴァリン=ローガン=ヒュー・ジャックマンに思い入れがある人は、この最後の姿を焼き付けましょう!

 17年間、有難う。


 日本では、そんなにヒットしていないようなのが非常に残念です・・


     満足度:★★★★☆ 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1130-ba0c487a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top