2017
05.29

夜に生きる

Category: 映画
 5月27日(土)新宿ピカデリーにて映画「夜に生きる」を割引クーポンで鑑賞。
    IMG_20170527_080710.jpg
 ベン・アフレック制作・監督・脚本・主演とのことで観ようかなと思い、バイト明け後朝一8時10分上映回に入場、お客さんは30人程でした。


 あらすじ:禁酒法時代のボストンで、ジョーは警察幹部の父親に厳しくしつけられた。だが、彼はその反動でギャングの世界に足を踏み入れる。ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと運命の出会いを果たすが、彼女は対立している組織のボスの愛人で……。


 前監督作「アルゴ」が良かったので、ちょっと期待してしまったのがいけなかったのか、思った程では無かったかな。

 禁酒法時代の話は嫌いじゃないし、それ関係の作品も其れなりに観ていますが、それらとはちょっと違っていました。

 主人公ジョー・コフリンはボストンで、人に命令されるのが嫌がったので泥棒稼業をやっていたが、ギャングのボスの娼婦と付き合ったり、銀行強盗に失敗したりで、父親に捕まるが、息子が可愛い父親は裏で手を回して刑を軽くして刑務所に3年位居てシャバに戻れるようにする。

 シャバに戻ると父親は死んでいて、どうしようかと考えたとき、娼婦の件でギャングのボスを許せないジョーは、対立するギャングのボスに自分を売り込みに行き、フロリダ州タンパのシマを任されることに。

 でも、人に命令されるのが嫌いなジョーだから、其れなりに振る舞うが自分の遣りたいように行動していき、ここでも黒人女性を好きになり、それがらみだけではないが、KKKから邪魔をされ、なかなか思い通りには行かなくなり・・・


 こうやって振り返ってみてもギャング映画ではあるが、ジョーのヒューマン・ドラマの要素が強いのかなって気がする。

 個人的にはギャング映画寄りの方が好みなので、どうも中途半端に思えてしまった。

 ジョーはアルコールを密売したり、カジノを遣ろうとするが”薬”には手を出さなかった。

 まぁ人殺しはするけれど、他は今となっては合法な訳で、悪党らしさが弱いような・・


 多分原作に近い内容(原作者名が制作に入って居るので)なんだろうと思うが、違う人が脚本や主演をやったらどうなっていただろうか。

 レオ様が映画化権を取得し、ベンに監督の話を持ち込んだようだが、レオ様は主演を遣るつもりはなかったのかな?

 ベンが俺が全部遣るって言ったのかもなぁ・・


 これはこれで詰まらない訳では無いのでいいのだけれど、観終わって残るのは、

 ”エル・ファニングが別嬪さんになってきたなぁ”

 という感想だけというのは淋しかろう。


     満足度:★★★
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://sk38.blog49.fc2.com/tb.php/1125-12d765a2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top